カレー屋バイトのきついところ

カレー屋バイトのきついところ

  • 混雑時の忙しさ
  • お皿とビールが重い
  • カレーの匂いがつく
  • 渋滞時の配達
  • 香辛料が目に痛い
  • メニューの暗記
  • 閉店作業をしたいのに帰らない客がいる

カレー屋バイトの評判

きついところは色々あります

私は女性、現在20代です。カレー屋バイトのきついところですが色々あります。

 

大盛りを頼まれて調理場が急いで盛ったせいで熱々のルーがお皿からはみ出、それに気づかず運んで親指を火傷し、バランスを崩して大変なことに。

 

グループで来られると、時間差を作らないように走り回らなければならなく、かつ途中で下っ端だとトイレ掃除もマメにやらなければいけなく、かなりハードなバイトでした。

 

とにかくランチタイム、それから早めの夕飯から激混みになりやすいため、ご飯もルーもたくさん盛られたお皿にビールは、かなり重い上に狭い店内をドタバタするので、予想より肉体労働でした。

 

また、一日中カレーの香りの中にいるため、髪にも匂いがつき、バイトからそのまま出かけるのは厳しく、一度帰る必要があります。

香辛料で目が痛くなるし、渋滞時の配達は緊張します

大手のカレーチェーン店で働いていました。これはいい事だと思いますが、会社がしっかりとしているのでバイトだとしても正社員と同じくらいに仕事が出来るように教育されます。

 

カレーの専門店なとで香辛料が厨房にとても多くて辛さが強い人じゃないとキツイです。

 

目が痛くなってしまいますし、痛めてしまって働けなくなって辞める人も多くいました。

 

配達もあるので厨房やホールでの作業以外にスクーターに乗って届ける作業もしないといけません!

 

温かいうちに迅速に届けなくてはいけないので運ぶ時に道路が混雑したりしていると変に緊張してしまいます。

 

辛さの段階も種類があるので覚えなくてはいけないですし、味を聞かれることもあるのでちゃんと味見をしたりして把握しとおかないと聞かれた時に困ってしまう場合があ ります。

メニューの暗記はちょっと大変

カレー屋でのバイトのきつい所はメニューを一通りインプットしておくこと、膨大な数のトッピングを覚える事です。

 

仮に覚えてないにしても注文時にパッと頭に浮かぶくらいでないといけません。また、カレーという熱い商品を扱っているので、店内は冬でも熱いです。なので、夏は暑くて地獄です。

 

暑いだけなら我慢すれば良いだけの話しですが、何気なく垂れた汗がカレーに入ってしまうのはもちろん駄目なのでそうゆうところにも気をつけなくてはいけません。

 

ほかにもカレーは地味に重いです。お客さんの多くなる昼間はひたすら作ったカレーを渡すので腕が痛くなる時もあります。

 

飲食店の中ではまだ良いのかな?とは思います。一般的なファミレスと違って色んなメニューを扱っているわけでは無く、カレーのみでそこから広がっていくものなので、商品は案外頭に入ります。また、たまにですがまかないでカレーを食べれるのでカレー好きにはたまらないアルバイトだと思います。

全身カレーの匂いになります

私が全国でも忙しさトップの店舗で働いていたということもあるのですが、とにかく忙しいということです。

 

メニューもカレーばかりで何種類もある上に、トッピングも様々。

 

お客様がそれぞれカレーを選んで量を選んで辛さを選んでトッピングを選んでとなると、カレーという1つのメニューでも何百通りものパターンが生まれます。

 

似ているからこそ難しいところもあり、ピーク時には、オーダーを通すのも、提供するのも間違えそうになることも・・・

 

まあ、でもこれは慣れでなんとかなると思います。逆に言えば同じようなメニューだからいいのかもしれませんね。

 

それ以上に辛かったのは匂いがつくということです。バイトが終わって、制服を洗うためにカバンに入れて電車に乗る。

 

私服のはずなのにカレーの匂いがする。
カバンを開けてもカレーの匂い。
もはや髪の毛がカレーの匂いです。

 

バイト後にお出かけやデートは難しいかもしれません。

閉店作業はハード

カレー屋は、閉店作業がかなりきつい。

 

皿にはカレーがいっぱいついており、食器洗浄器だけでは全然落ちない。その他にも洗い場から流れた排水がたまる箇所を洗う作業があり、慣れるまではかなり抵抗がある。作業後の匂いや、手につくベタベタがなかなか取れないのもかなりつらい。

 

また、良くある事だが、閉店時間=ラストオーダーとなる為、なかなか帰らない客が多いのもつらい。立地にもよるが、深夜では特にカレー屋の需要が高くなる。飲んだ後の締めにくる客や、パチンコ帰りの客もかなり多い。

 

閉店前は、2人で回すお店が多いので、ほとんど片付けられないまま閉店作業に入りる事もざら。

 

これにより、予定より帰りがかなり遅くなる。もちろん深夜料金等のシステムがあるので良いと思う人には良いが、予想よりは、かなりハードである事を理解した方が良いと思う。

スタッフがいい人ばかりでした

自分のとこは忙しいのと、深夜までやっていたので大変でしたが、働いた分だけ時給は良かったし、楽しかったですが店舗は狭かったです。ですが自分はとても楽しく過ごせました。

 

まずお客さんが多くてすぐ仕事の時間が流れていきました。暇な時間がなかったです。スタッフもいい人ばかりで、色々勉強になりました。年齢の幅が広くて、楽しかったです。

 

またお客さんが多すぎて、順番を待っている人が多く、順番を間違えて案内したり、注文品を間違えたりした事があります。しかし、私の働いていたところは人間関係はよかったので、すごく働きやすかったです。

 

自分が一番いいと思ったのは時間の融通も利くし、スタッフが沢山いたので、少しの時間働きたい人、しっかり働きたい人にもおすすめです。食事補助もあり、安く食事をできたり無料で食べさせてもらったこともありました。

 

カレー屋バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ