パチンコ屋バイトのきついところ

パチンコ屋バイトのきついところ

 

一番キツいのは、負けてるお客さんの対応です。

 

近年は5万〜10万円を15時くらいで使い切る可能性もある機種が多く、お客さんの鬱憤が従業員に向けられる事があります。勝っている時はそうでもない普通の人であっても、豹変するとかなり怖かったです。

 

よく負けている常連さんに呼び出され、何を言われるかと思ったら耳元で罵声を浴びせられたりしました。

 

私の場合はインカムで助けを求めても誰も助けてくれなかったので、ひたすら謝っていました。それでおとなしく帰ってくれれば良いのですが、もっとひどい人は台にいたずらをしていたりします。

 

この仕事は肉体的な労働ですが、精神面も強くないと中々続きません。これからアルバイトをしようと考えているのならば、ある程度割り切った覚悟が必要だと思います。

 

パチンコ玉を運ぶ際に思っていた以上に重く、大変なのと、それによって腰を痛める人が多く、私も腰を痛めてやまました。

 

また、シフトによる勤務ですが、急に人がやめたりすると、人数が足りなくなってしまった場合、希望のシフトよりも多く入れられること、時間帯が変わるなど、シフトの希望が通らないことがありました。

 

他には機種の位置を覚える必要があり、新台の入れ替えなどが多くあるのでそのたびに機種の位置、種類を覚えなければならないこと、案内に支障がだないようにすることなど大変だった点です。

 

それら以外にも、私が働いていた店舗に問題があっただけだと思いますが、給料に間違えがよくあり困っていました。自分で出勤日、出勤時間の確認をしなければならなかったのも少しめんどくさかったです。

 

私がパチンコ屋でのバイトで1番辛かった事は、あの大音量です。慣れるまで、家に帰っても、寝る前も耳元で何かなってるよう思えるほどでした。

 

1週間ぐらいで慣れて来ましたが、体調がすぐれない時などは、あの音で気が滅入ってしまうことがなんどもありました。

 

それと、私はタバコを吸わないのでタバコの匂いが辛いと思いました。なかなかタバコはなれませんでしたが、今は禁煙の場所もあったりするので逃げ場はあると思いますし、ずっとそこにいるという事もないので大丈夫だと思います。

 

でも、きついと言っても、私はそこだけで後はそんなに辛いということはありませんでした
やはり、パチンコ屋での仕事は大変な事もありますが、どこに行っても同じなので大丈夫だと思います。

 

以前に比べればだいぶ改善されたようですが、たばこのにおいは長時間いるときつくなることがあります。

 

基本的に立ち仕事というかフロアをウロウロするので足がかなりむくんで夕方は足がパンパンになります。メダルや玉は男性スタッフが運んでくれますが、時々移動させなきゃいけないことがあると重くて腰が痛くなることがあります。

 

あとは、メンバーズカードをオススメするのも業務にあるので、パチンコ中のお客様に声をかけなければいけないのですが、皆様集中しているのと機械の音で聞こえずらいのであまりいい顔はされないのがきつく感じることがあります。なかなか当たりが出ずイライラしている方に話しかけるのは本当に嫌です。

 

人見知りしない方や、すぐに気分を切り替えられる方には時給もいいのでいい仕事かもしれません。

 

何と言っても立ち続けなければいけい。客つきがいい店なら仕事も多いが、客が少ないと立っているだけの時間が多く時間が立つのが遅く感じられる。

 

とにかく台の周りのゴミを整理したり、台を拭いたりこまめに働くことで時間たつを待つことが大切だ。また室内の空気が悪く身体にタバコの臭いがつく。自分がタバコをすわないばあいはかなり厄介だ。とくに風邪気味のときなどはマスクをつけることもできず病気が悪化するばあいがほとんどだ。健康的な仕事とは決していえない。

 

客との付き合いかたにも注意することがひつようだ。あまりに仲良くしすぎると客が勝っている時はいいが負けているときはかなりからまれることがある。熱くなっている客は時に喧嘩腰に店員にからみ、文句を言ってくることがある。さじ加減が難しい。

 

パチンコ屋のアルバイトできついところは、まず騒音に耐えなければならないことです。

 

シフトの時間にもよりますが、だいたい8時間くらいはあのジャラジャラうるさい空間にいなければなりません。まぁ、1週間も働いていれば慣れてしまうんですが、慣れたということは自分の耳が悪くなったということです。パチンコ屋で働き始めてから、友人の話を聞き返すことが多くなりました。

 

それから、酔っ払いの相手も私にとっては苦痛でしたね。平日の昼間からパチンコに来る人は、だいたい昼間から酒を飲みまくっています。調子良く出ている時はいいんですが、当たりが出なくなるとアルバイトに八つ当たりしてきます。

 

騒音と酔っ払いの2つに耐えきれず、3週間程でやめました。

 

パチンコ屋バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください


 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ