清掃バイトのきついところ

清掃バイトのきついところ

清掃のバイトで辛いことは、ずっと立ち仕事で前かがみで居るため、腰痛になりやすいです。

 

またバケツなど重い用具を持って歩くためさらに腰痛が悪化します。私は何度もヘルニアになりかけたことがあるため、仕事中はコルセットをしたり、姿勢に気をつけていましたが気休め程度にしかなりませんでした。

 

そして常にゴム手袋をしているため手がボロボロに荒れてしまいます。爪も弱くなりすぐ欠けたり折れたりしてしまうので手を人前に出したくありません。

 

また清掃は体力がいる仕事であり、決して楽ではない業務内容だと思うのですが、お給料が基本給程度という会社がほとんどです。お給料がそれなりに高ければどんな仕事でも我慢できると思うのですが、あまりに安いのでそれが一番きつかったです。

 

やはりかがんだり、拭いたり、掃いたりと全身を使うので体力勝負の仕事です。体力に自信がある人が向いています。

 

汚い場所を綺麗にするという仕事なので、汚い場所は目眩がするほど汚いです。

 

私は閉店後のパチンコ店を掃除する仕事だったので当然男性用トイレも清掃する訳ですが、トイレ掃除はかなり気持ち的に辛かったですね。便器が驚くような状態の時も時々ありました。ただ、掃除の仕事は終わった後とっても気持ちがいいです。対人関係も他の仕事よりもあっさりドライです。

 

掃除の仕事はイメージ的にポジティブに取られない方も多いと思いますが、煩わしい人間関係が苦手なの人にはお勧めです。自分が綺麗にする事で、誰かが気持ちよく過ごしてもらえたら、と思うと私はヤル気が出て頑張れました。

 

掃除は縁の下の力持ち的な仕事ですよ。

 

清掃のバイトで一番大変だと思うのは水回り、いわゆる便所掃除です。

 

綺麗に使用してくれてれば良いのですがなかなかそうもいかず大変な作業になることもあります。臭いに敏感な人は耐えるのに一苦労することもあると思います。様々な清掃のバイトを経験しましたが野外での仕事も大変です。

 

春や秋の気候の良い時期はいいのですが夏冬はもう大変。

 

特に夏に手袋をしての作業はかなりしんどいですし熱中症には十分気をつけなくてはいけません。

 

それと衛生上で体調を崩しやすいことですかね。ほこりも多いですし掃除の場所によっては菌も多いのでうがいと手洗いは普通の人以上にやらないといけません。

 

あとはどういうわけか、様々な仕事をしている人がいる建物や施設では掃除の仕事は下に見られることがあります。仕事に上も下もないのに仕事外の雑用を頼まれたり上から目線で見られたりしたことがありました。

 

そういった意味では少し精神的にもきついかもしれません。

 

そして誰にでも出来る仕事ですが意外と体力と筋力使うので体が訛ってる人は最初はきついかもしれません。

 

現在清掃の仕事をしています。

 

温泉の清掃なので、お風呂やトイレの清掃がメインですが、お風呂は広いので体力をすごく必要とします。動く分冬場はそんなにきにならないのですが、夏場はサウナ状態になっているので、しっかりと体調管理をしていないと倒れてしまうそうになります。

 

また、フラフラしたりと、本当にきついです。そして、トイレの清掃は、どこも同じだと思いますが、綺麗に使ってくれる人が大体なのですが、常識のない使い方をする人もいて、どうしてここに?というところに便がついていたり、飛んでいたりします。

 

においもきつく、やはりこちらも、夏場はきついです。慣れない時は、気分が悪くなったり、泣きそうになる程、嫌だと思う事が何度もありました。

 

しかし、慣れてくると、意外に冷静に掃除ができるようになってきたと思います。やはり、どんなに嫌な事も、慣れるまでは、本当に大変です。

 

4階建てパチンコ屋さんの清掃をやっています。台拭き各階1人4名、トイレ清掃・床清掃各1名、計6人で朝8時から10時の2時間で行っています。

 

キツいところはやはり体力です。台拭きは各階約100台のスロット パチンコがあり 濡れ雑巾 乾燥雑巾の2枚で手あかなどの汚れを拭いていきます。

 

トイレ清掃は お客様は夢中なんでしょう かなりはずしていて汚れています。床清掃は掃除機をかけたあとの濡らしたモップ掛けがをやります。この作業は入る前に スロットのコイン パチンコの球を拾わなければなりません。また踏み潰されたガムなどは専用のヘラで取り除き、それからの作業となります。

 

各コースとも10時オープンまでとの時間との闘いですので水分補給や衣服の着脱などの時間は取れません。それプラス大震災以降、電力の節電。それでなくてもパチンコ店はかなりの電力を消費するために冷暖房はなしです。体力はかなり必要です。

 

清掃のアルバイトできついのは、とにかく時間に追われているところ。

 

私はビジネスホテルの客室清掃、ラブホテルの客室清掃、パチンコ屋の閉店後の清掃、など色々と清掃のアルバイトをしてきましたが、一番きつかったのはやっぱりラブホテルの清掃ですね。

 

忙しさはビジネスホテルの清掃ですが、ラブホは、なんというか精神的ダメージが大きく疲れます。綺麗に使ってくれるお客さんばかりではない、ということは覚悟しておいたほうがいいと思います。

 

ベッドやタオルがグチャグチャ、という話しではなく、汚物や血液の話しです。頻繁にあるわけではありませんが、ラブホの清掃バイトをしていればいずれ遭遇すると思います。

 

パチンコ屋の清掃は、まぁまぁ大変ですが、掃除自体はすぐに慣れます。一番驚いたのは、たまにトイレにホームレスが隠れていたりすることです。

 

清掃バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ