着ぐるみバイトのきついところ

着ぐるみバイトのきついところ

着ぐるみバイトでのきついところは、まず重くて動きにくいところです。

 

それでいて、一緒に写真を撮ったり戯れたりしなければならないので、自分の思うように身動きをとることができません。また、基本的に言葉を発することが出来ないため、終始無言を貫かなければなりません。

 

次に、季節的な問題ですが、夏は着ぐるみ内がとても暑くて、サウナ状態になります。風もまともに入ってこない為、野外だととても暑くて長時間絶えることは難しいです。

 

最後に、特に小さい子どもからですが、叩かれたり乱暴に接してくる人がいたりすることです。何も言えないため、我慢するしかありません。着ぐるみバイトをする時は、そのキャラクターになりきって演じることが必要です。

 

着ぐるみを着る時期やイベントによっても様々なパターンがあると思います。私は3日間の短期でやったのですが夏に農祭イベントで牛の着ぐるみを被って会場内を歩く仕事でした。

 

とにかく暑いですし体力が奪われていきます。水分を取るにも一度はけないといけないのがキツかったですね!

 

子供達が沢山いるイベントだったのでいじられまくりです(笑)頭を取ろうとする子もいるし尻尾を引っ張ったり蹴り飛ばして来る子も居ました。街のお祭りで子供達の周りに保護者が居ない空間だったのでやり放題だったんです。誰かガードしてくれる人がいるようなイベントだったらこんなに疲れなかったのにと思います。

 

喋ったりしなくてもいいので口下手な私には美味しい仕事だと思って安易にやったのが運の尽きでした。

 

着ぐるみを着てショーを行ったり、グリーティングをする部署でアルバイトをしたことがあります。

 

とにかく一番きついのは、暑さです。着ぐるみを着ているだけで汗が吹き出します。

 

その着ぐるみを着てショーを行う必要があるので、着ぐるみの中は汗だくになります。ショーの合間に扇風機を当てて、隙間から風を送り込まないと暑さで倒れそうになります。

 

夏は地獄のようです。冬はあったかいです。

 

そしてもう一つ、グリーティング中に叩いてくる人がいることがきついです。顔の部分は堅い素材ですが、体の部分は少し分厚い布でしかないのに、やたらと叩いてくる人がいるため痛いです。子供に多いですが、まれに大人でも絡んでくるので注意が必要です。

 

体力的にきつい仕事ですが、子供が笑顔で寄ってきてくれると嬉しいしやりがいがあります。

 

とあるイベントで着ぐるみを着るアルバイトをしましたが、あまりのきつさに驚きました。

 

とにかく着ぐるみの中はめちゃくちゃ暑いです。夏なんかは着ぐるみをかぶって数分後には汗だくです。水分補給をせずに1時間以上仕事してると脱水症状で倒れる可能性が高いです。ただ、代謝が悪くて悩んでいる人にはいいかも知れません。とにかく大量の汗をかけます。

 

あと、着ぐるみは外が見えにくくまっすぐ歩く事すらできないときもあります。しかも、子供に殴られます。蹴られます。着ぐるみをかぶっているのであざが出来る事は無いですが数えきれないくらい蹴られ、殴られるので地味に痛いです。着ぐるみのバイトは世間的にきつくて薄給、というイメージがありますが、時給・日給にしろそこまで悪いとは思いません。

 

また、大量の汗をかくので休憩・給水を上手に取れさえすれば健康に良いかな、とは思います。着ぐるみをかぶる事なんてこのバイトでしかないと思うので貴重な経験になると思います。おすすめです。

 

私は日雇いのアルバイトで何度か着ぐるみを着たことがあります。

 

まず、一番きつかったのが夏場のバイトです。暑さで中が蒸し風呂状態で汗だくになったりするのは想像できると思いますが、それ以外にも何度も使い古した着ぐるみなどは蒸れて臭いがキツイものがありました着ている間はずっとその臭いに苦しみ、脱いだ後でも服に臭いが染み付いているような感じがして大変だったことがありました。

 

他には子供がふざけて結構容赦なく叩いたり蹴ったりしてくるので、それに耐えて愛想を振りまくのが辛かった思い出があります。こちらから声は出せないことが多いので、周りの人が止めてくれない限りはなされるがままでした。

 

他には仕事中は立ちっぱなしになっている時間が長いので、腰痛のある人にはキツイと思います。

 

外見からは想像出来ない苦痛があるのが着ぐるみバイトです。私の場合、寒い冬に着ぐるみに入るバイトであったため、温かいかないいのかなと安易にやりました。

 

まずはTシャツ一枚でなければ絶対勤まりません。何故なら化繊で出来ている中身は通気性が非常に悪く、サウナに入っているようなもので、直ぐに汗でびっしょりになります。

 

また、視野が狭いのも特徴です。着ぐるみは大体が胴体よりも頭部が大きな作りとなっているため、自分の足元が分かりません。特に階段を上り下りしたりする際に転倒する危険があります。視野は口元か目元にありますが、殆ど周りが見えない状況です。

 

着ぐるみ初体験であった私でしたが、一回で15分入っているのがやっとでした。それを一日4回も少しの休憩だけで回したため、バイトを終えて帰るころにはへとへとでした。

 

ただ、きついバイトであるため、金額はそこそこ貰えるのは良いところです。また、汗を多量にかくため、ダイエットも出来て一石二鳥のバイトであるとも思います。

 

着ぐるみバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ