映画館バイトのきついところ

映画館バイトのきついところ

映画館のバイトでいちばんきついと思うところは、世間が長期休暇の時期、すなわち年末年始やお盆、ゴールデンウイークに休みをとることができないということです。
むしろその時期は映画館にとっては繁忙期にあたるので、シフトを増員しなければなりません。なので、アルバイトしている間、それらの時期に休みらしい休みを過ごしたことは皆無です。

 

私は大学生のときにアルバイトしていたので、学校が休みの日にがっつり稼げて好都合という考え方だったので大丈夫でしたが、年末年始は家族と過ごしたいとか、お盆は帰省を義務付けられているという環境の人には、まず不向きです。

 

仕事自体は難しいものは少ないので人気があるアルバイトですが、繁忙期に入れない人は採用してもらいにくいと思いますので、注意してください。

 

映画館のチケットのもぎりの仕事には館内の掃除も含まれています。映画館のタイムスケジュールを見て映画の開場10分前には開場開始の案内アナウンス、チケットもぎり。すごく忙しかったです。

 

映画上映中で空いた時間にはポスター張替やトイレ等の掃除、映画終了時間になる頃に出口で大きなゴミ箱と台を用意して出てきたお客さんが持ってきたゴミ受け、限られた次の開場開始時間までに広いスクリーン内の清掃を急いでしなければいけないので体力が必要。夏場や子供向け映画の後はポップコーンが散らばっていいたり、ジュースがこぼれていたりとても散らかっているので大変でした。

 

そして最近はナイトショーも夜遅くまでしているので最後まで仕事に入ると終わるのが夜中の2時以降なんて事もありました。

 

映画館のバイトをしていました。主に窓口担当でしたが、何と言ってもきついのは深夜上映明けです。

 

基本的には上映中は窓口は暇ですが、その為深夜になると眠気との闘いです。仲間内で交代で休みを取りますが、社員の方の前ではそうそう休めず。。深夜上映後は、劇場内を疲れた身体で、掃除するのは相当だるく、深夜はお客さんのマナーも低下するので、ジュースがこぼれたのや、床に散乱する食べ物を清掃するのは大変でした。。

 

又、お客さんの中には深夜のガラガラの上映の時には、カップルで来て、つい二人きりな気持ちになり、映画を見ずに度を超えていちゃつき始める方も。。若いバイト生達は映写室から何やってんだと苛々しながら眺めてました。

 

後、バイトと社員の人間関係も大変で、色々気苦労もありました。

 

私が映画館でバイトしていた時、辛いなあと思ったのはお客さんからのクレーム対応でしょうか。

 

本格的なクレーム(訴えるぞ!とか偉い人を出せ)とかになると社員さんが対応してくれるのですが、その「社員さんを出せ」となるまでには普通にフロアで働いているスタッフが対応する事になるからです。

 

今の映画館は最初から指定席となっているところが多いと思いますが、自分で席を指定したにも関わらず「この席は思っていたより見えづらいから他の場所に変更しろ」など無理を言ってくるお客さんがたまにいます。

 

席の変更は基本的に受け付けていないのでお断りすると、物凄い剣幕で文句を言われたこともありました。

 

普通のお客さんだけなら比較的楽なバイトだと思うんですけどね。混んでいない時間なんかはかなり日までだらだらしてましたし。

 

売店での仕事限定になりますが、ポップコーンを焼くことが大変でした。釜を開ける時に力がいるので、利き手が太くなりました。

 

また、納品のある日は力仕事が多いので、シフトには男性が入るようになっていました。掃除も、床掃除や電球の取り換えなどいろいろとやらないことがあるので、体力が必要です。お客様の様子をうかがいながらの作業は進まないので、焦りながらおこなっていました。「こんなに大変だとは思わなかった」と言い辞めて行く人もたくさんいました。

 

売店の売り上げで映画館の営業は成り立っているので、売り上げが悪いと、上司には厳しく指導されます。劇場内まで販売に行かなければならず、ノルマもあります。アルバイトが売れ残った物を負担することはありませんが、それでも厳しい指導が入ります。

 

映画館のバイトはどこの持ち場を任されるかできついかきつくないか分かれてきます。

 

フード系の場所を任されると、商品の下準備をしなくてはなりません。人気の映画作品上映前になるとお客さんが押し寄せるので動きっぱなしなので足が痛いわ、汗をかくわでなかなか大変です。

 

チケットのもぎりは割と楽な方なのですが、ごくまれに映画がつまらなかったからお金を返金しろと文句を言ってくる方もいます。そういった方に対する対応がきついところだと思います。

 

地味にきつい事も多い映画館のアルバイトですが嬉しいこともあります。おそらくどこの映画館でもやっていますが、従業員割引です。働いている映画館で上映している作品を3割引き、半額で観れたり、太っ腹な映画館は無料で作品を見させてくれます。映画館のアルバイト、かなりおすすめです。

 

映画館バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。