カラオケバイトのきついところ

カラオケバイトのきついところ

カラオケのバイトできついなと感じるのは週末や連休の時に忙しいことです。
まぁ、当たり前のこと言えばそうなんですが、遊ぶための場所なので皆が休みの時は忙しいわけです。
とくに年末の宴会シーズンなんかは大変です。
いい感じに酔っ払った人がたくさん来るので、正直うらやましいなぁと感じます。
仲間の飲み会や同窓会なんかは決まって年末に行われるので、そういった集まりには一度も顔を出せないでいます。
一度、中学校の友達が同窓会の2次会で自分が働いているカラオケ店に遊びに来ました。
みんなが楽しんでいるのに自分だけ忙しく働いているというのはなんだか虚しかったですね。
ただ、そういう時の給料はだいたいアップするので、遊べなくてもいいからとにかく稼ぎたいという人にはオススメかも知れませんね。

 

酔っているお客様が多いため、お客様に絡まれることが多いことが辛い。また、大量にお酒を飲まれるお客様がいっきにきたときの忙しさが大変である。酔っているお客様は、意味不明ないいがかりとつけてくることもあり、その対処に四苦八苦し、安くしろと値切られたこともある。挙句の果てには、カラオケボックスの中や外で、喧嘩まではじまり警察を呼ぶ事態になったことがある。しかし、忙しさと酔っ払いの相手をうまくできれば、なんとかうまくやっていけるのではないでしょうか。カラオケボックスは常連のお客様も多いため、たくさんのお客様と仲良くなることもあり、長く続けていればそういったお客様と楽しい時間を過ごせることもあります。しんどいことは一瞬だけであるため、なんとか耐えれると思います。

 

自分が働いていたカラオケ屋さんは焼肉屋さんと合体しているころでした。焼肉を食べながらカラオケができると言う部屋と普通にカラオケができる4人ぐらいの部屋と20人ぐらい入れる大部屋がありました。大部屋で団体さんが入る場合は大抵の場合コース料理で出す時が多かったです。カラオケの部屋は1階と2階とありましたがその2階へ上がる階段がとてもきつく一応料理用のエレベーターはあったのですがエレベーターがそれほど大きくないため手で持って運ぶことが多かったのです。準備をするのにも時間はかかりますが片付けがとても大変だと思いました。土曜日や日曜日などは団体さんは結構入っていたので、休む間もなく階段を駆け上って料理を運び、片付けをするということを繰り返していました。それが結構きつかったです。

 

カラオケでお酒を飲む人が多いので、その後の片付けがきついです。とくにパーティールームの片付けはひどい状態なので毎回驚かされます。
割れたグラスの処理や、お酒で濡れたままの床を拭き、濡れた場所を何度も人が行き来していたため、床はベタベタになっていて、黒い靴跡がどこまでも続いていたり、時には嘔吐されたものがそのままだったり、ピッチャーに処理した紙が詰まっていたり。
それを忙しい時には一人で片付けなければいけなかったり、次の人たちが待っているからと急かされたり。
私がバイトしていたカラオケ屋にはパーティールームが4つあったのですが、2人で一気に4つ片付けなくてはいけない時があって、空いたグラスやお皿を下げながらも、マイクや床を拭くなどとても大変でした。
とにかく大変ですが、機敏に動けるようになりますし、片付けが上手になるので、人生の経験として良いと思います!
大変な後に飲むお酒は格別でした!

 

キツいのは、若い集まりがお酒入ってテンションが高くなって歯止めがきかなくなってしまった時。用もないのに絡んできたり怒鳴り散らして来ることがある。こちらに非は全くないのに、お客さん相手だから、こちらが下に出て対応して、なんなら謝らないといけないから肉体的よりも精神的にツラいアルバイトがカラオケ屋のバイトだと思う。これが女性なら違うかもしれないが、男性のアルバイトは覚悟しなきゃいけない。カラオケ屋でアルバイトしようと思ってるひとで、理不尽な言動をされた時に不快な気持ちが顔に出たり態度に出てしまう自覚があるなら違うバイトを探した方が良いと思う。非がないのにこちらが悪いとされ、上司に怒鳴られ場合によってはクビにもなりかねない。これこそ理不尽だから

 

今の仕事を始めた頃、Wワークでカラオケのアルバイトをしていました。
深夜のすすきのだったので、酔っ払いが多く、コップを割るのも部屋で吐くのも当たり前。トイレはいつも吐瀉物まみれです。
酔ったおじさんがわざと抱きついてきても笑顔でかわすなど、時給の安いキャバクラで働いているような気分でした。
私が働いていた店は人が少なく、学生さんやカラオケ一本で働いている人は時間になってもなかなか帰れなかったらしいです。
また、うちの店では退室時間の10分前に内線をするのですが、「わかりました。」と言いながらなかなか出てこない客。ざらにいます。
それどころか、3分前に「から揚げとポテトのセットお願いします。」とか注文が入ったりします。
「もうお時間ですよ。」と言うと、理解してくれたように思わせておいて、レジで「注文が来なかった」と怒る客もいます。
もしカラオケボックスで働くことを考えている方がいるならば、繁華街の夜はおすすめできません。昼間は割と楽なのでよいと思います。

 

カラオケバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください


 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。