チャットレディのきついところ

チャットレディのきついところ

チャットレディのお仕事は、ノンアダルトとアダルトの2種類があり、ノンアダルトでも高額時給となるのですが、相手の男性がノンアダルトサイトでもアダルト的な会話を求めることがとても多いです。男性にとっては、アダルト専門サイトよりノンアダルトサイトのほうが、利用料が安いためのようです。

 

また、サイトによっては、カメラを使ってのチャットをするため、顔出しも要求してくることもあります。アダルト的会話もカメラに顔出しももしかしたら、悪用されるのかもしれないと不安になることもありました。

 

注意してほしいことは、新人女性に対しては、男性達が無理なお願いをしてくることがとても多いです。サイト内で禁止されているアダルト行為を無理にお願いしてきて、新人だから、断り辛くモジモジしていると、そこを漬け込んできます。

 

ダメなこと、嫌なことは、はっきりと断り、しつこいようだったら、退室してしまうことも大切です。安全に、楽しくアルバイトするには、無理なく自分の身は自分で守るぐらいの気持ちでやってほしいです。

 

待機していても繋がらない時は全く繋がらなず、稼げないところがキツイです。

 

待機中は当然時給0円なので待機時間を考えたら日給100円未満の日もあり、何のために外出も我慢して風俗まがいのことをやっているか意味がありません。パートに出たほうが気分転換にもなるし知人も増えるしお金も俄然稼げます。

 

また、チャットの会社もシステム変更があった場合も事後報告ばかりで、聞いていないからいままで通りにチャットしていただけなのに規約違反扱いされて給料を払ってもらえなかったこともあります。

 

それについてクレームの電話を入れたら登録抹消され、9000円ほど踏み倒されました。しかし仕事内容が内容なので訴えるのも恥ずかしく、チャットの会社を変えるしかありませんでした。

 

チャットレディは高収入と思われていますが、そんなことはありません。待機の時間を有効活用できれば良いのですが、ただパソコンの前で待っているだけだと時間の無駄です。そういった意味では拘束時間は長いです。

 

あと、やはり対人間なので自由に好き勝手できるわけではありません。収入を得るには、相手に気に入られるテクニックと気遣いが必要です。時には嘘をつかなければならない時もありますが、会話ですので嘘で固めたら相手には伝わってしまいます。

 

私はノンアダルトのチャットレディをやっていたのですが、アダルト目的で入ってくる男性が非常に多かったです。あと、直接会いたいという方も多くいました。そういった方々を上手くつなぎとめるためには会話術が必須です。会話が下手だとチャットレディでお金を稼ぐのは、無理だと思います。

 

チャットレディを半年ほどやっていました。内容はSM系で、私はMのキャストで出演していました。

 

1分で○円、という感じのものだったのですが、最初は軽くトーク。トーク中は特に料金は発生せず、いざSMという時にどのくらい、トークでのお客を引っ張れるか、が勝負でした。トークがグダグダだと、見ている人数も10人そこそこ。ピークで200人ほど居た記憶があります。

 

SMは縄を使い天井からつるす、などというモノでしたので生粋のMというわけではなかった私にとって本当に痛く、どちらかというと苦痛そのものでした。

 

そこで、いざ有料放送に引っ張れても、内容がグダグダになってしまったりすると見ている人がたったの3人だけ、という状態にもなっていました。

 

また、有名嬢でないと常連も付かないため、チャットレディで最初からガッポリ稼ごう!と思ってる人には最初の下積みは本当に辛いものがあるとおもいます。私は、半年ほどして、やっと常連が10〜20人という状態でした。

 

チャットレディの仕事のつらい所は「やめどきがわからない」という所です。

 

お客様がほどよくついた時はもうそろそろ今日はいいかな〜とやめどきの判断がつきますが、そうでない時はもう少し待機すればお客様がつくかも・・・と思ってしまって結局ダラダラと待機し続けて結局収入ゼロだったという事が多々ありました。

 

チャットレディのお仕事はお仕事に入ったタイミングや、サイト自体でイベントを行っている時は爆発的に稼げたりするので、なかなかお客様がつかない時はつらいですが、稼ぎ始めるととても楽しいです。

 

昔に比べてチャットレディの数が多くなって来ているので、個性を生かした待機映像で待機し、パフォーマンスやトークに磨きをかけてどんどんお客様を呼び込めれば短時間でも驚くほどの高収入を得る事ができますので、個人的にはおすすめのお仕事です。

 

仕事をやめた直後にもう当分社会に出て働きたくないと思いてっとりばやくお金が稼げる、チャットレディをはじめました。

 

ネットで有名なチャットレディのサイト2社に応募しましたが私があまりにも化粧っけがなかったためか2社とも落とされました。やっと通ったのがいわゆるエロトークなしのチャットレディのサイトでした。

 

一応募集記事には男性と楽しくおしゃべりと書いてありますが、基本的に男性たちは女の子としゃべるというよりはいかにしてその子の服を脱がせるかということを念頭においています。もしくは自分の自慰をみてもらいたいという人がほとんどです。普通に会話できる人はほんとうに一握りです。

 

といっても話が続かなければお給料になりませんのでそんなエロ話でもうまく交わして話を引き伸ばしたりする根気と忍耐が必要です。

 

私が実際にチャットレディをしていた時は自分の自慰を見て欲しいとかいう人がほとんどでした。それはチャットにフィルターをかけて見えなくすることで解決できるのですが、中にはパンツを見せろとか執拗に要求してくる人もいます。また、掲示板でブスだのなんだの噂をたてられることもありました。

 

はじめようか迷っているならはじめてもいいと思います。私のような不細工はあまり需要がありませんでしたが容姿に自信があってお話上手ならすぐに人気者になれると思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ