スキー場バイトのきついところ

スキー場バイトのきついところ

このバイトには体力が必要です。体力をつけたい方にはおすすめです。

 

まず朝は雪掻きがあり、雪は結構重く、中腰でやるので腰に来ます。特に大雪の時は、お客さんも少ないですし、寒いので大変です。土日は、混んでいるので、いいですが、平日ですいているときは、手足が凍えるほど寒いことがあります。できれば良い手袋で、防水がしっかりしたものを用意した方がいいです。

 

また、休日は、子供が多いので、気を使いますし、体力を使います。リフトにのせるとき持ち上げたり、転んだ方を持ち上げたりします。最近は外国のかたで、初心者で大きい体格の方もいるので、大変です。

 

修学旅行も大変です。事故も多くなりますし、初心者が多くなるので、リフトからもの、特に小物類やストックを落とす人が増える気がします。

 

体力が無いと続かないバイトです。

 

荷物を持ちながら滑ったりするので、体力を消耗しやすくスキーもある程度できたほうが良いです。空いている時間に、教えてもらえたりできますが他のバイトの人と差ができ仕事にも影響します。大雪の時は、リフト付近の雪かきが大変でした。

 

住み込みのバイトの為、怪我をして途中で帰って行く友人を見る時は辛かったです。体調管理は怠らないでください。

 

他県からバイトに来ているひともいるし、外国人のお客さんもいます。沖縄から来て、雪を見るのが初めてという人もいました。どんな場面に直面しても対応できるようにしなければなりません。

 

最初は大変ですが、そのおかげで気の合う人とも合わない人とも対等に接することができるようになりました。

 

スキー場バイトでは、リフト係をしていました。

 

仕事内容は主に、リフトに乗る為に並んでいるお客様の案内や接客です。大体1時間事に交代していたのですが、とにかく寒さがキツかったです。

 

リフト係と言ってもそんなに体を動かす事がないので、防寒対策をしても雪国の寒さに慣れていないとすぐに凍えてしまいます。体中にホッカイロを貼って服を何枚も着込んでいましたが、寒さが苦手な私には耐えきれませんでした。

 

そしてリフトに乗り降りするお客様の安全を、十分注意しなければならないのでとても気を張ります。

 

大体はスキー場にもリフトにも慣れているお客様ばかりですが、中には初めてリフトに乗る方もいるのでそういう時は乗り降りに失敗して怪我をされないよう、かなり気を使いました。

 

後は、職場が遠い場合は住み込みになる事があるのですが、周りにはコンビニもスーパーもないような所だったので買い物一つするのも大変でした。

 

1ヶ月住み込みでバイトをしましたが、一緒に住み込みするバイト仲間にも色々気を使わなければならないので、そこでも辛かったです。

 

私はスキー場のインストラクターのバイトをしていました。このバイトのキツイ所はなんといっても寒いことです。上級者を受け持った時はガンガン滑れて楽しく寒くもありませんが、初心者を受け持った時は口頭での説明時間も多くすぐに体が冷えてしまいます。

 

もうひとつキツイ事はストレスです。前記のように上級者を受け持てばあまりストレスはありません。基本的にその人の上手いところ直したら良くなる事を指摘するだけです。初心者を受け持つと、とにかく目が離せないですしケガをさせては大変です。そして自分もスイスイ滑れないのと合わせて余計ストレスを感じます。

 

インストラクターのバイトをしようと思う方は上記理由でイライラしない人がいいです。また寒さ対策(重ね着用の衣服)を持っていくといいと思います。

 

スキー場レストラン内でのバイトの経験です。

 

まず、出勤時間は場所にもよるでしょうが、スキー場が8時からオープンなら1時間前にはスキー場に行きました。ちなみにバスでスキー場まで乗せて行ってくれる所でした。

 

とにかく寒さは厳しいので、もしリフトを乗った先にあるレストランなら防寒対策をしっかりとらないとリフトに乗った時にとても寒い思いをします。昼までにレストランの準備をしますが、出勤時は暖房がついていないのでやはり防寒対策が必要です。

 

休憩時間もあまりとることができないので、スキーやボードをすることは難しいと思います。

 

また、リフトの誘導・監視の人も小屋はありますが寒い中仕事をしているので、やはり大変です。インストラクターやパトロールなどのバイトの場合は、滑りながら仕事はしていますが、とても気を使う仕事のようです。

 

まとめると自分ではきついと感じたのは、寒さくらいでした。

 

スキー上のバイトはとにかく寒くて大変でした。

 

食堂でバイトをしていたのですがストーブで暖をとっていましたが、外から人が入ってくるたびに冷気が入ってきて一日中
寒い思いをしていました。バイト代はよかったのですが、通うのも大変だったので割に合わなかったように思います。

 

泊まり込みのバイトもあるようなので、男性はそれほど苦ではないのかもしれませんが、女性は大変だと思います。私は友達と2人でバイトをしていたのですが、1回きりでもうやりたいとは思いませんでした。

 

寒さに強い男性にはお勧めできると思います。また交通の便を考えると、交通費もきちんと考慮してくれるバイト先を探したほうがいいと思います。泊まりだとまかないもついていると思います。

 

スキー場で働く覚悟が決まった場合のみタップしてください

>

 このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

きついバイトをせずにお金を稼ぎたい。

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわからないので、少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。