ライブハウスバイトのきついところ

ライブハウスバイトのきついところ

ライブハウスでのアルバイトは、時間がとてもルーズなところがきつい点です。

 

出演しているバンドの演奏が盛り上がってしまい、ライブハウス側と契約した終了時間を大幅にオーバーしてしまうことは当たり前です。また、ライブハウスのオーナーはバンドマンに理解がある人が多いので、ライブが盛り上がってしまったことによる時間オーバーに関しては全く文句を言わない人が多いです。

 

結果として、ライブハウスでアルバイトをしていた私などは、清掃など後片付けが出来ずライブが終わるのをじっと我慢して待っていることになりますので、その日の仕事をいつ終えられるか全く分かりません。

 

一度、契約の終了時間を1時間オーバーしているにも関わらず、観客からアンコールが起こり、さらに1時間が経過したことがありました。おかげで、私は帰りの電車に間に合わず、タクシーで帰宅しました。当然、タクシー代は支給されません。その日のアルバイト代はタクシー代でほとんどチャラになりました。

 

ライブハウスでのアルバイトは、ある意味、時間厳守などの常識を持っている人には向きません。趣味の延長でライブハウスでアルバイトをして、観客と一緒にライブを楽しんでしまうような人が向いていると思います。

 

まずライブハウスは夕方から深夜の仕事が多いのと、規模にもよりますが少人数のスタッフで運営してるライブハウスが多いので新入りのバイトでも仕事量は少なくないし、いきなり責任ある役回りをする事もあるので疲れる仕事です。

 

またコンサートホールや市民会館のような場所と違いライブハウスに来たお客さんが飲酒していたりライブハウスの空気に興奮していたりして我を抑えきれず些細なことから客とスタッフ或いは客同士のトラブルが起きることがあります。

 

例えば絡まれて相手方に非があるような事でもこちらがわが下手に出ないと更なるトラブルが起きる事に繋がる可能性もあるのでバイトを始めようと考えているなら注意してライブハウスでバイトしてください。

 

20代女性です、友人から手が足りないからと誘われ1年ライブハウスでバイトをしました。元々V系が好きなバンギャでライブへはよく行くのである程度のバイトの内容は知っていましたが、結構きつかったです。

 

私がしていたのは主に受付やドリンクカウンター業務で、他に電話対応や掃除もあります。

 

一番きつかったのは受付です。バイト先は300人入る箱ですが開演前・後は箱の前に溜まる人が多く、周りに飲食店があるので結構邪魔になってしまいます。

 

開演前後に溜まっている人に「周りのお店の邪魔になるのでここに集まるのはお控えください」と注意しても聞いてくれなかったり、特に開演後だと箱で出しているアルコールを飲んで酔った男性客に文句をつけられる事もあります。

 

こちらが仕事だからと注意しているのを気に食わないお客さんが、ネット掲示板にそのスタッフの悪口を書く事もあるのです。お客さんからも周りの飲食店の人からもちゃんとしてと苦情が来るので、精神的に強い人じゃないと続けられないなと思いました。

 

ライブハウスでのアルバイトは絶対に力仕事になりました。女性の私でも力仕事を行っていましたので、男性には必ず求められるのが体力ということになります。

 

私が一番苦労したのは機材や楽器についての知識でした。当然音楽をしている人は知識も伴っています。全ての楽器についての知識のない私にも演者から専門用語で指示があったり、何かを質問されたり。ライブ前になると緊張感漂う中で動けない自分はただ邪魔な存在でした。知識のあるスタッフは男性だったので忙しく駆けまわっているので自分の判断が必要になるんです。

 

ちなみにライブがなくてもきついアルバイトは経験になりました。私生活なんてものはありません。練習でスタジオの貸出もしていたのでその受付やお会計、世間が休みを迎えている日はライブ。基本的には夜はアルバイトで埋まっていました。

 

自分のためになると思って始めたアルバイトでしたが、私は楽器を弾かなくなってしまいました。

 

まず仕事内容ですが、荷物検査をしたりライブハウス内で監視をしていたりと単純です。しかしこの監視がかなりキツイです。というのも小さいライブハウスだと客がいっぱいいっぱいに入り空きがないくらいギュウギュウ詰めです。柵で客がいるスペースは区切られているのですがその柵を抑えるのがとても疲れます。

 

また、テンションが上がった客が人の上に乗って前に運ばれてくるようなこともあります。人の上からダイブしてくるのです。つまり私たちはそのダイブしてきた人をキャッチしなければなりません。しかも人が多いため私達バイトの位置からではどこから降ってくるか予想があまり出来ません。

 

降ってくる直前になってその位置まで移動し一人一人受け止めるのですが、これをずっとやっていると怪我をしてとてもキツイです。
正直怪我をする可能性は高いのでやらない方が良いと思います。

 

ライブハウスでのアルバイトですが、きついと思う所はお客さんは楽しみに来ているので、お酒が入ると泥酔される方も多く、ライブハウス周辺もごみも散乱するし、後始末が大変です。

 

ライブは時間通りに終わる事が稀なので、終了時間はあってない様な物だと思います。また人が押し合いへし合いになるので、空気が薄くなったり思ってた以上にタフな仕事でした。

 

またブッキングやお金の管理する立場迄行くと、お金の回収も大変間仕事でした。

 

音楽が好きで勤務中に聞けるからとかでしたら、自分が遊びに行った方が楽しめます。音楽の機材の扱いや音響に興味がある方の方が向いていると思います。大変ですが、楽しい仕事ではあると思うので頑張ってください。

 

ライブハウスバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。