レストランバイトのきついところ

レストランバイトのきついところ

  • 立ちっぱなし
  • 食器が重い
  • メニューや料理について覚えなければならない
  • クレーム対応
  • 混雑時の忙しさ
  • シフトが不自由
  • 同じ空間にいるので人間関係が悪いと地獄
  • サビ残

レストランバイトの評判

実際にやってみると意外と大変

レストランのきついところは、基本立ちっぱなしのところですね。立ち仕事を全くしたことがない人にはきついと思います。

 

ランチやディナーなど忙しい時間帯はのんびりしている時間がないです。注文取って料理運んでお皿をさげてテーブルを拭いて、の繰り返しです。それと効率よく仕事を回すためにチームワークが必要ですから、一人で黙々と仕事を進めるのが好きな人には向いていません。

 

新人の頃は、ベテランスタッフにとにかくついて行って、動きを観察しそれを真似するように言われます。見ているだけなら簡単そうに見えますが、実際にやってみると難しいですよ。

 

それとメニューを憶えるのも大変です。お客さんから質問されることも多いので記憶力が必要ですよ。

食器片づけは重労働

レストランバイトできついのは、やはり食器片付けではないかと思います。ただのお皿やジョッキでも重いのに、飲料や食べ物が満載されたものを運ぶのはなかなか大変で、かなりの重労働です。

 

またクレームに対応するというのも、お客さんの中には言いがかりとも取れるようなことを言ってくる客さんにも丁寧に対応しなければいけないので、非常に骨が折れますし、精神的にもきついです。何を言われようと反撃することはできませんから、自分を殺してペコペコしているしかありません。

 

中での人間関係も、たかがアルバイトのクセに経験年数が上だからとガミガミ言ってくるやつも多かったです。これはどこでも当てはまることかもしれませんが、人間関係は大変でした。

接客が苦手でした

某飲食チェーン店でバイトをしていた事があります。きついところはたくそんありますが、私は接客が苦手なのでお客さんとの会話が大変でした。

 

歳も若かったこともありますが、注文以外に受け答えするのが苦になり、裏で片付けや食器の洗浄などをかって出ていました。ちょうど、重い物を持つよりも接客得意なバイトもいたので結構まかせっぱなしでしたが。

 

洗い物の食洗機のフタが重い、調理器具の熱気が暑い、デザートを取りに行くのに離れた冷蔵庫・冷凍庫まであるき持ってくるのも冷たくて冬場は大変などなど。

 

でもおにぎりなども型抜きとかがあったり、アイスクリームなども外のトレーから押してコーンにのせるだけの簡単な物など、今は誰でも働きやすくなっているように思えます。

 

ぜひバイトはやってみるべきだと思います。

レストランバイトできついのは三つ

レストランバイトのきついところはいくつかあります。私は瞬時に3つ思い付きました。

 

まず、キッチンとホールで違いますが仕事の内容からホールは接客業なので柄の悪いお客さんからクレーマーのようなたちの悪い人まで相手にしないといけないとこです。

 

メニューに無いものを頼んだり店のルールを守らない人が世の中にはたくさんいます。普段なら相手にしなければ済むのにバイト中はそうもいきません。あくまでお客様を第一に考えないと成り立たないのがこの仕事です。

 

しかし、これは所詮その日その時で終わるものでなおかつ常に変わったお客さんが来るわけではないです。

 

2つ目はシフトです。大概のお店にバイトは数人いるはずで交互に出勤したり休んだりします。

 

入ってすぐは自分の思い通り働きたいとき働いて休みたいとき休んでいたのに慣れてくると、「この日入ってくれないかなあ?」とか「今日忙しいから最後までお願い」とか予定が狂うことが多々あります。気づけば15連勤とか社員と同じくらい働かされてることもあります。

 

最後に、他の従業員とどれだけ仲良くなれるかです。きついのもきつくないのもこれがすべてです。数時間同じ空間で過ごすわけですから気の合わない人間といるのはきついです。

 

きついとこを考えるとこんなとこですがレストランバイトは実際おすすめです。私は楽しくて4年同じお店で働いてました。まかないも出たので食費も浮きます。

 

できれば忙しいとこをおすすめします。連携が必要な分仲良くなりやすいですし、活気のあるお店で働くと自分のやる気にも繋がり楽しい生活を送れると思います。

サビ残が嫌でしたが、楽しかったのでおすすめです

仕事内容においてそれほどきついと思う所はありませんでしたが、私が最も嫌だったのはサービス残業です。

 

シフト制だったのですが、大きく分けて、朝、昼、夜、と3つの時間帯に大きく分けることができます。その3つの時間帯すべてにサービス残業がありました。

 

具体的な内容は次の人のための仕事の用意なのですが、それだけではなく、用意してる際お店が忙しくなってくると手伝う事もあり毎回1時間近くかかっていたと思います。

 

手伝いなどせずに用意だけをすませて帰ればいいのですが、同じ職場の人達との人間関係を考えると放っておくにもいかず、それにお店自体の空気も手伝うのが当たり前といった感じでした。

 

私は週5日でそのバイトにはいっていたのですが、タイムカードを切ったあとの1時間のサービス残業を計算すると1万近くの金額になります。時間で雇われているバイトとしてでかい金額です。

 

サービス残業について話ましたが、今は改善されているのかもしれません。飲食関係はなにかしらブラックな部分があります。ですが、それを補うほど楽しい部分があります。調理に入れば包丁の使い方もうまくなりますし、なにか作れるようにもなるかもしれません。

 

そして一番は仲間ができやすい所でしょう。レストラン以外の飲食にも勤めたことがありますが、気のいい人が多かったですね、そりゃ、一人か二人気の合わない人もいましたが(笑)けど楽しい所でした。なので迷ってる方へ、おすすめですよ!

混雑時は行きつく暇がありません

レストランのホールでのバイトできついところは何と言っても混雑する時期の忙しさです。

 

お正月も休まないレストランだと一日中ひっきりなしにお客さんが来て行列になり、まさに息つく暇もありません。家でおせち料理は食べないのか!とスタッフが愚痴るくらいです。

 

大型連休やなども同様で、普段の土日の忙しさがずっと続く感じです。それでも、仕事に慣れたスタッフでメンバー構成ができていれば対応できますが、バイトデビュー間もない人もスタッフの頭数に入れていると余計に仕事が滞る感じがします。

 

また、混雑する時は当然キッチンも忙しいわけで、洗い場やゴミ処理などまで手が回らなくなり、バックヤードも手がつけられないような状態になることもあります。それに慣れてくると自分でうまく状況を見て対処することができるようになりますが、テンパってしまうとお客さんが忙しいのを察して気を使わせてしまいます。

 

レストランでバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

きついバイトをせずにお金を稼ぎたい。

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわからないので、少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。