漫画喫茶バイトのきついところ

漫画喫茶バイトのきついところ

漫画に詳しくないと漫画喫茶のバイトはきついです。どんなにわかりやすく漫画を配置しているつもりでも、お客さんから必ず漫画の場所を質問されます。漫画の置き場所を検索できるシステムがあったとしても、面倒くさいのかあまり利用するお客さんはいません。

 

それと、シャワールームを設置している漫画喫茶ですとさらに大変です。掃除を頻繁にしないといけないので水回りの掃除が苦手な人にはきついでしょう。シャワールーム有り無しで客層も微妙に違います。シャワールームがある漫画喫茶はいろいろな事情がある人が宿泊目的で使用することが多いです。

 

いびきをかいて寝ている人がいたら注意しないといけませんし、注意したことによってトラブルが起こる危険があるので、気の小さい人にはきついと思います。

 

漫画喫茶の仕事できついところは、混雑時に、店内業務を効率良くこなさなければならないところです。

 

なぜきついのかというと、漫画喫茶は、ただ漫画を読みにくる目的だけではなく、時間を潰すためや、仕事の用事でインターネットを使いたいなど、さまざたな用途で利用する人もいるからです。お店の立地場所によってはイベントやアーティストのコンサートのある日、土日など満席になることもあります。多くの人が一度に利用するのでお店のあらゆるところに目が行き届いてないといけません。

 

店内やトイレの清掃、お客さんの漫画をもとの位置にもどす、シャワー室や貸し出し品の管理などです。どれぐらいきついのかというと、混雑時はバイトスタッフがフル稼働で必死に清掃をしても追いつかないことがあり、皆必死になります。

 

また、色々な人が来るので、中には変わったお客さんや、クレーマー気質の人もおり、頭を抱えてしまうこともあります。席を利用する際のシステムなどを説明しなければならないので、よく把握してお客さんにわかりやすく話さなければなりません。

 

以前バイトで働いていた時、お店が混雑している中、お客さんが帰った後の席の清掃をしたら、ものすごく席が汚れていて、きれいになるまで30分以上かかることもたびたびありました。クレーマーの常連がおり、何かと難癖をつけて店内業務を妨害してきたりしたこともあります。

 

漫画喫茶は本当に色々な人が来ます。慎重に対応しないと思わぬ時にクレームやトラブルが起こることも考えられます。なので働こうと考えている方は、どんな人が来てもしっかりと親切丁寧に対応できるコミニュケーションスキルと心構えを用意しておくべきだと思います。

 

基本的に同じ作業の繰り返しですが、作業することが以外と多く、業務時間内に終了しない事があります。

 

接客業なのでお客様にも当然声をかけられるのですが、本を探して持ってきてほしいというお客様が案外多いです。検索して探すことをお願いしていますが、読み終わった本を適当に戻してしまう方がいるのであるはずの場所にない!とクレームが来ると時間がかかります。

 

作者や題名がわからず漫画の内容を話してくるお客様もいます。「なんで働いてるのに分からないんだ!」と一喝されることもしばしば…

 

調理が地味に多くて手が追いつかない時間があります。ジュースの補充や掃除、本棚へ戻す作業をしながら調理をして運んでいくので体が効率よく動けるまで時間がかかります。

 

漫画喫茶のアルバイトできついところはやはり普通の接客業と少し違うところでしょうか、滞在型のサービス業で、しかもホテルとは別なので時折日をまたいで滞在するお客様がいるときとか、不審な人が滞在しているときとかは結構接するのに緊張感がいりますね。

 

あとは漫画喫茶特有の仕切りで区切られているのでお客様の中にはそれなりに個人的に楽しんでいる方がいらっしゃって、中には下着を脱いで滞在されている方もいるんですよ。カップルが一緒に入ってきたときにはカップル同士で親しい行為が始まってしまったりすることも。

 

あとはインターネットの環境に文句を言われるお客様がいて、お金を投げつけて帰るお客様とか。いろいろな人がいますのでなんとなくお客様には少しクールに接することが多いことが辛いところでしょうか。

 

漫画喫茶のバイトは、基本的に受付と掃除、フードドリンクの用意等位で楽かなと期待していました。でも実際に働いてみると、色々とキツイなと思う部分がありました。

 

まず掃除は店内の漫画棚やトイレ、ブース等をするのですが、このブースの掃除が厄介なんです。大抵の人は綺麗に使ってくれますが、たまに食べ物や飲み物を床に零したままだったり、お酒に酔って終電を逃して朝まで漫画喫茶に泊まった人で、席に嘔吐物を残していく人もいます。

 

そういった掃除が本当に大変で、特に忙しい時間帯だとお客様が入る前に掃除を終えないといけないのに、汚れは取れないし臭いはキツイので嫌になります。

 

そして暇な店だと基本的に1人勤務が多く、受付して会計してフードの注文を取って席に運んで洗い物をして掃除をしてだと、安い時給では割りに合いません。
酔っ払いのお客さんに絡まれる事もありストレスも溜まります。

 

学生時代、初めてのアルバイトは漫画喫茶でした。24時間営業なので、シフトは好きな時間を選びやすかったのですが、時給が高い22時から朝方までを、週に二回こなしていました。

 

私の他にも女性はいたのですが、主婦の方が多く、深夜にいたっては、男性メンバーの中ひとりということがほとんどでした。従業員だけでなく、お客さんも男性ばかりで、ちょっと訳あり風な人も沢山来店します。

 

一番印象的だったのが、受付時からちょっと文句ばかり言ってくる、中年男性。食事のオーダーがあったので、運びにいくと、「女か。」と言い、個室に手を引かれましたが、ちょうど通った店長に助けを求めて、難を逃れました。

 

それからは、昼のシフトにしてもらいましたが、女性が深夜に漫画喫茶で働くのは、密室も多い店内では、ちょっと危ない気がします。

 

漫画喫茶バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ