デパ地下バイトのきついところ

デパ地下バイトのきついところ

  • 美味しそうな食べ物がたくさんある
  • 昼と夕方が忙しい
  • 丁寧な接客が必要
  • 商品やデパートのことを頭に入れておかなければならない
  • 呼び込みしなければならない
  • 立ち仕事

デパ地下バイトの評判

デパ地下バイトできついのは昼と夕方の忙しさ

デパ地下でお菓子を売っていました。辛い事は兎に角美味しそうな物が沢山ある事です。

 

デパートでの仕事になるので普通の惣菜屋さんよりも丁寧な接客が求められています。丁寧な対応、身だしなみ、立ち居振る舞い等が必要です。大概、研修があるのでそれなりに教養があれば出来ます。

 

しかし、美味しそうな物に囲まれて仕事をしているとつい、財布の紐が緩みがちです。今日も一所懸命仕事をしたからという理由でアルバイトをする前はそんなに頻繁に利用しなかったデパ地下の惣菜や食品、お菓子等を買う機会が増えます。

 

そんな誘惑が多い所がデパ地下でのアルバイトで大変な所です。ニ週間の短期のバイトで2kg程太ってしまいました。お金も稼いだ割に使ってしまいました。

 

それでもデパ地下のバイトは楽しいです。

進物の熨斗紙を間違えて謝りに行きました

私はデパ地下の洋菓子店で働いていました。まず最低限覚えないとけないのが進物の熨斗紙です。デパートによっては、筆耕という筆で名前を書いてくれる人もいるところがありますが種類は自分で選ばなければなりません。

 

私は1度熨斗紙を間違えてお客様に提供し販売してしまいました。お客様からクレームの連絡が入り、百貨店の責任者と謝りに行ったことがあります。

 

そして必ず守らないといけないのが百貨店のマニュアルです。通路を歩くときは通路の端によりお客様に対して敬意を表さなければなりません。

 

もしも洋菓子の販売を考えておられるのなら繁忙期のことも考えなければなりません。バレンタインやクリスマス、イベントの時にはかなり長い間出勤が続くと思った方がいいと思います。

 

長くなりましたが、これが私が働いてきたなかでのきつかったところです。参考になればと思います。

接客と呼び込みがつらい

デパ地下のうなぎを売る仕事をしていました。まず、出入り口が離れたところにあるので行くのに時間がかかる。帰りもそう。

 

基本的にデパ地下での販売は立ちっぱなしなので、足がむくみます。むくみ防止の靴下を履いたり、バイトが終わったらマッサージをするなどしないと、足がパンパンになってしまいました。

 

一日、いろんな人が買いに来ます。基本的に隣のお店や向かいのお店の人と距離が近くなりやすいです。そちらの人間関係もちゃんとしないといけないです。たくさんお店があるし、目からの情報量がとにかく多いです。

 

デパートが閉まる頃には、ある程度売りきらないといけないので呼び込みをしないといけないことも。お客さんへの声かけが苦手な人には辛いです。

デパート自体に詳しくないといけない

まずデパート内で働くにはデパートの試験に合格しなければなりません。そこまで難しくないですが、〇〇売り場は何階か?などお客様に聞かれるような内容なので勉強しなければなりません。

 

そして実際に入店して働き始めてからたくさんこのようなことを聞かれるようになります。忙しい時などにこれが頭に入っていないと毎回フロアマップを広げて調べないといけないので時間のロスにもなりますし待っているお客様も良い顔はしないです。なので自分のお店のことはもちろん、そのデパート自体に詳しくなる必要があるので覚えることはたくさんあります。

 

また、デパートでわざわざ買い物される方は質の高さを求める方が多いのでクレームもその分多いように感じます。ただ贔屓にしていただければとてもかわいがってくれ仕事内容もそこまでハードではないので好きな仕事でした。

接客に気を使う

デパ地下でのバイトは、接客がとてもきついです。デパ地下のお客様は、ほとんどが女性なので、かなり厳しいことを言われるお客様も多いです。

 

値段のことや味のことや産地のことなど、しっかり把握しておかないと、お客様に質問された際に答えられないと、突っ込まれてしまいます。私は一度、女性の二人組のお客様にいちごの産地を聞かれ間違えて答えてしまい、かなりお叱りを受けました。

 

デパ地下はスーパーより全体的に値段も少し高く、来るお客様も接客などに厳しい方が多いので、丁寧な言葉遣いや接客などがとても重要です。

 

慣れるととても楽しいバイトだと思いますが、慣れるまでは平日の夕方や休日はとても混み合っていて、接客対応が大変きついです。

デパ地下バイトできついのは昼と夕方の忙しさ

私は長期間ではありませんが、デパ地下でバイトをしました。短期ではありましたが、働いてきついと感じた事は、お昼時や夕方のお仕事終わりの時間帯の忙しさです。

 

注文を多く間違えてしまったこともあるし、電車の待ち時間で急いで買いにくる方もいてこっちも焦ってしまいミスに繋がってしまうということもありました。

 

接客業になるので、お客様に忙しいアピールもしたくないし、笑顔を心がけてはいましたが忙しくて余裕がなくなる時が多かったです。

 

逆に昼間の暇な時間帯も今度はやる事がなさすぎて時間がたつのが遅く感じました。そんな時はお客様と会話をしたり、余裕をもって接客ができたのでよかったと思います。

 

覚えるのが苦手だったり、要領よく動くのが苦手な人はオススメできない職場だと思います。

 

デパ地下バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ