工場の三交代勤務できついところ

工場の三交代勤務できついところ

工場の三交代の仕事のきついところで一番に上げられるのは、生活リズムが狂うことです。

 

眠れなくなり、ストレスも溜まり、そして身体を壊します。工場の仕事内容も、決して健康に良いものではないので、なおさら三交代は体に悪いです。

 

また夜勤はただでさえ身体に悪いと言われます。夜勤を続けることで身体を壊した、という知り合いは自分の周りにも居ます。健康の為に太陽の光を浴びることが必要というのは、夜勤経験者なら大体わかるのではないでしょうか。

 

ただし眠れないというのは、人による部分もあります。三交代で生活リズムが狂っても、問題なく眠れるという人もいるわけです。そういう人からすれば、三交代はむしろきつい仕事ではないようです。

 

収入的には普通の仕事より高くなるので、慣れることが出来るなら、むしろ三交代はメリットと言えるかもしれません。

 

生活のリズムが狂ってしまうため、ベストコンディションを保つのが難しい。

 

また、深夜から早朝にかけての勤務の日は、日中に睡眠時間を確保しておかなければならないのもきついです。

 

一人暮らしなら、どうにか睡眠時間を捻出することも出来るでしょう。でも、家族がいる場合は、一般的な人たちとは真逆の生活パターンになるため、睡眠時間の確保も難しくなります。かといって、寝ないと体調管理が困難になってきます。

 

妻の妊娠中には、産婦人科に付き添ったり、そこで開かれる父親講座に参加できたりして、良いこともありました。しかし、出産後には日中に眠ることが出来ずに、妻と口論が増えてしまいました。

 

若いうちは、体力があるので、なんとかなると思います。自分なりの生活リズムをきちんと作っていく強い意思を持って働くのが良いと思います。

 

はじめのうちは変則な勤務なのでなかなか体がなれませんでした。

 

特に夜勤のときは日中いかに眠れるかが勝負となります。夏場の熱い日にはなかなかで寝れないので夜勤中にはかなり体いに響きます。夜勤前にしっかり眠れれば体はよく動くと思います。

 

夜勤あとの勤務ですと日中勤務がありますが、なかなか慣れません。休みの日の夜なんかは1時間起きくらいに目が覚めてしまい、熟睡できた感じはないです。あと夜勤明けはなぜか便秘気味になり、胃が詰まった感じがして体調も悪いです。

 

夜勤ばかり書いてしまいましたが、変則勤務は体が慣れるまでは大変かと思います。

 

三交代を始めた時は体内リズムが狂ったのか、頭痛が続き薬を飲みながらでした。睡眠をうまく取れなかったのが原因だと思います。仕事にもなれない上、夜働くとだるさが半端ないくらいでした。

 

夜勤明けの次の日の日勤は辛かった記憶があります。一年ぐらい過ぎた頃から徐々に慣れてきて、うまく睡眠を取れるようになりました。すると頭痛も回数はへってきました。そうなるまで体重も5キロ減少しました。

 

周りは心配してくれましたが、せっかく就職したから3年は辛抱しようと決めて頑張りました。

 

それから数年たち、今はリズムよく働いていますが、今度は昼間寝れない事になってきました。というのは子供ができ、昼間は賑やかなのです。静かにと叱るわけにもいかず、また睡眠不足です。体調は悪くないのですが、大変です。

 

これから、三交代する方は自分の体調だけではなく、家族の事も考えてみてください。

 

三交代制は、残業が無い状態で24時間工場が稼働が出来ると言う、工場経営側にはメリットが有ります。しかし、働く側にしてみると、多少の手当てというささやかなメリットしかありません。

 

一般的には人々が寝静まった夜中も仕事をする事になりますので、家族や友人、恋人に会える時間もかなり制限されてきます。

 

又、シフトは月に何度か入れ換えるケースがほとんどで、シフトチェンジ後の環境変化に対しての体調管理が重要になってきます。

 

基本的に一週間で、時間が交代する所が多いので、寝る時間が毎週かわってしまう所が、最初は辛いと思います。昼夜逆転してしまうので、昼間に寝れない人にはきついかもしれません。

 

あと、昼勤から夜勤に変わるときは、休みの時間が長いのでいいのですが、夜勤から昼勤に変わるときは、逆に短いので、そういったところもきつかったりします。
例えば、
一直が8時半〜17時半、
二直が16時半〜25時半、
三直が24時半〜9時半、
としましょう。

 

そして、一直→三直→二直の順番で変わるします。

 

すると、
@金曜日が一直で、月曜日が三直の時と、
A金曜日が二直で、月曜日が一直をくらべると、
@金曜日が17時半〜月曜日24時半(79時間)
A金曜日が25時半〜月曜日8時半(55時間)
みたいなことになります。

 

24時間休みの時間が違うのでそこの調整も難しいです。

 

なので、私的には、寝る時間の調整が一番辛かったです。

工場で働く覚悟が決まった場合のみお読みください

色々ときつい部分を紹介しましたが、工場仕事にはメリットも多々あります。

  • 給料が高水準
  • 労働組合が強いため福利厚生が充実している
  • 寮や食堂が無料の場合も多く、生活費が浮いてお金が貯まりやすい
  • 面接に通りやすい

特に最近は人手不足のため、状況が良くなっています。きつい部分に耐えられるのなら、悪くない仕事です。

工場求人サイトは色々ありますが、以下のサイトが特に充実しています。給料や特典がどんなものか、まずはチェックしてみてはいかがでしょうか?

工場求人ナビ


工場ワークス



求人情報を掲載するのにもお金がかかりますから、一つのサイトにしか掲載していない企業も結構あります。優良求人を見逃さないよう、複数の求人サイトをチェックするといいでしょう。