自動車工場できついところ

自動車工場できついところ

私は整備士見習いとして自動車工場に勤めていたものです。

 

まず、車の整備業界はほぼ確実に残業があり労働時間が長いです。実際、残業代というのは働いた時間に比べてかなり少なく、私の勤めていた会社でも2月から5月くらいの繁盛期には毎日残業が約5時間という生活が続きましたが、もっと労働時間が長い会社の話も多々耳にします。

 

そして、手指が汚れるのはもちろんですが工場の中にいるだけで空気中には粉塵が舞っており、髪はボロボロになり肌トラブルも多々起こります。

 

ですが、仕事はとても奥が深く知識が増していく楽しみや、技術が身についてくる喜びがあり、日々向上心を持って取り組むことが出来ます。基本的に力作業だと思われがちですが、女性でも整備士として十分やっていけるので力に自信がない人でも大丈夫です。

 

ただ事務職等に比べると重労働なので、給与も少し高めの設定にはなっていると思いますが、楽をして稼ぎたいという方には向かないです。誰にでも出来る仕事じゃつまらない、技術や知識を身につけたいというかたにはおすすめです。

 

私は期間工として自動車工場で働いた経験があります。

 

自動車工場で働いていると、自分自身がロボットになってしまったような感覚に襲われることがあります。重労働ではありませんし、仕事としてやるべきことは細かく決められていますから、決められたことを忠実にこなせば問題ありません。

 

しかし、1日中誰とも会話をしないことがあります。工場のなかでは、大勢の人間が働いていますが、人間同士の会話はほとんど聞こえてこないのです。きわめて無機質な環境で働かなければならない点が、自動車工場勤務の困難な点にあると思います。

 

しかも、仕事中に気を緩めてしまうと大怪我につながる事故を起こしかねませんから、緊張感を維持して仕事を続けなければならないのです。ですから、勤務時間中はロボットになるしか仕事を成功させる方法はないのです。

 

期間従業員として1年働いてきました。給与が非常に高く、寮住まいになるので貯蓄はかなり貯める事が出来ました。

 

キツいところは、コンデンサ取り出しの様な重たい作業を何時間も延々とやり続けて、身体全体を酷使する事。それに、交代勤務ですので心身が常に休まらず、身体がずっと辛かった記憶があります。ですので、外出しようとする気すら起きず、仕事して寝てを繰り返している感じでした。

 

決して楽ではありません。期間従業員なので働く期間も決まっていますので、ローン返済とか何か夢などのモチベーションが無ければ難しいと思います。仕事によっては昼勤や夜勤固定などありますので、自分にあった働き方も選べます。体力等を考慮しましょう。

 

派遣先によるのでしょうが私がいった派遣先はただひたすらオイル交換がメインです、同じ作業ばかりになるので時間が経つのが遅く感じます。

 

また見えないノルマみたいなのもあり、きっちりオイルを抜いて新しいオイルなんて発想はありません。1時間に何台オイル交換ができるかみたいな感じになります。

 

カーナビの取り付けも面倒な車種になると押し付けてきました。自分たちがやりたくないものは派遣にさせるみたいな嫌な得意先でした。しかし、派遣会社のセールスの話を聞いていると、なんでもしますみたいなキャッチコピーだったので、そちらの方が問題あると思いました。

 

なんでもできる自信がある人にはお勧めです。しかし、そうでなければ、手馴れてなければしんどい車種のメンテナンスは大変です。

 

何が大変とかと言うと、私が働いた所は流れ作業でした。

 

例えば車のオーディオ関係。ネジを締めたり、部品の付け忘れが無いか確認したり、一時間何個と個数が決まっています。それを目標に作りあげるのでが、時間までに出来ないと段々物が詰まってしまいます。時間内に終わらせるのが、私的には大変でしたよ。

 

それに女性でも重たい荷物を台車に乗せたり、自動車のドアに部品を取り付けたりします。それを1人でやらないといけないのが、辛くて泣きそうになったくらいでした。

 

これから自動車工場に就職を考えてる方がいましたら、きつい事だけじゃ有りませんよ。自分が作った自動車が日本もしくは他の国を走るんですよ。凄い事で嬉しい事ですよ、誇りを持って働いて下さいね。

 

私は某自動車会社で働いていました。

 

自動車会社にも担当する部署によってやることは全然変わってきます。私は組み立てを行なっていました。

 

自動車会社は基本ライン作業です。毎日同じことの繰り返しが簡単なようで実はとてもきついのです。その中で一番の恐いのが作業ミスです。

 

部品を付けるところを少し間違えただけで、そのミスが人の命を奪う恐れもあるのです。そんなプレッシャーの中、ひたすら同じことを続けるのはとても大変です。

 

私は女性なので力作業はほぼありませんでしたが、男性だと力作業も増えてきます。働きやすい環境にはなってきてはいますが、まだまだきつい作業もたくさんあります。

 

ただ自動車が好きだからと言う理由だけで働こうとすると、きつくて逃げ出したくなることもあるかと思います。しっかり下調べして、体力や精神面も強くして、働くのがいいと思いますよ。

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

「きついバイトをせずにお金を稼ぎたい」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわかりません。少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。