組立バイトのきついところ

組立バイトのきついところ

組立のバイトというのは、基本的に単純作業の繰り返しなので時間が経つのがとてつもなく遅く感じてしまいます。他の忙しいアルバイトであれば、忙しい期間の間に時間があっという間に過ぎていくことも多いですが、組立のバイトにおいては、なかなかそうはいきません。

 

時給に関しても、私の経験上そこまで高いといったわけではないかと思います。

 

きついところを一つ挙げろと言われれば、時間の経過が遅く感じる点を挙げると思います。しかしながら、制限時間を自分で設定してノルマを達成するために黙々と作業していれば不思議と達成感も生まれてくるものです。

 

バイトを始めようかと迷っている方がいれば、単純作業を黙々とやるのが好きだ、人とのコミュニケーションを極力避けた仕事がしたい、といった方には是非おすすめできるアルバイトだと思います。

 

組立関係では自動車組立と電話機組立のバイトをしましたが、一番きつかったのは両方とも自分のペースで仕事が出来ない事でした。

 

どんどんコンベアーで車やら電話機の本体が流されてきて、それに部品付けやハンダ付けをしていましたが、その速度は熟練の社員さんのペースに合わされているので、慣れないうちはあたふたして焦ってしまいます。

 

丁寧にやろうとすれば自分の前で渋滞が起こりラインがストップして怒られて、雑にやれば検品で引っかかって怒られます。ただ、慣れてしまえば同じ作業の繰り返しですので、どうって事はないと思います。

 

もうひとつきつかったのは、自由にトイレに行けない事でした。それぞれに組立箇所の担当が与えられていますので、自分が席を離れてしまうと製品が完成しないのです。変な話ですが、頻尿気味の人にはそういう面ではきつい仕事かもしれません。

 

組み立て工場で生産管理職を10年以上しております。アルバイトさんパートさんも多数働いてもらってます。

 

組み立て工程の仕事は基本的に一日中立ち仕事となるので、慣れていないときついと感じる人が多いみたいですね。

 

また、ラインでの流れ作業となると、割り当て時間に追われてくる人とそうでない人の差がはっきりと出てきます。作業に余裕のない人は焦り始めて、ミスをして、さらに焦ってしまうという悪循環に陥ってしまうというパターンも多々あります。あとはマシンの騒音ですね。

 

工場等で働いている従業員は、いつも怒鳴っているように見えますが、あれは聞こえないから声を張っているわけであり、決して怒っているわけではありません。また扱う製品によっては臭いで気分を害してしまう人もいます。空調が効かない作業場もあるので、特に夏場はきついと思います。

 

反面、作業の安全面には細心の注意を図っており、また労働時間もきっちり管理しております。品質、納期、コストさえ守っていれば、多少態度が悪くても、挨拶ができなくても、人とコミュニケーションが取れなくても問題ありません。

 

車の部品を組み立てるバイトをした事があります。

 

時給がそこそこ良かったので働きましたが、凄いキツかった。何がツライってずっと立ちっぱなし、ライン作業なので休憩時間以外は手先くらいしか動かさない。同じ場所に立って同じ作業を繰り返すのは苦痛でした。

 

さらにツライのが夜勤になった時です。日勤でもしんどい所があるのに、夜勤はプラスで睡魔が襲ってきます。深夜2時を過ぎると眠たさもピークを迎え、妄想をし始めます。

 

妄想を超えると、意識が無いのに何故か部品が組み上がってる謎の時間が訪れます。その時間に出来上がった部品はまぁまぁの確率で失敗作になってました。

 

とにかく同じ体勢、同じ作業の繰り返しをする事が非常に苦痛でした。

 

組立は立ち作業、椅子に腰かけて作業できる物とあります。立ち作業が多いので足が疲れます。一日立っているとムクミます。

 

ライン作業は単純作業の繰り返しになります。

 

人数によりますが、どんどん作らないといけないので作業に追われます。スピードが問われる現場だとついていけなくて辞める人も多いです。

 

急ぎの時は残業、休日出勤の要請があり、忙しいと言えます。

 

重いものの上げ下ろし等、体力を使います。

 

製造業の組立をやりました。

 

一日立ち作業なので、足がパンパンになりました。作業靴は足にあった履きやすい靴がオススメです。

 

スピードと正確差を求められます。追われてついていけなくて一日で辞める人もいました。

 

あと、現場によりますが人間関係で悩んで辞めたり、合わない人もいます。そういうトラブルも少なくないです。

 

忙しい所は稼げますが休み返上で出勤、体調管理をしっかりすることが大事です。体調不良で休むとあまりよい印象をもたれないので気を付けましょう。

 

派遣社員の時にやってたけど、流れ作業だからキツかったょ。

 

私の時は前から加工した物が流れてきて組立やってたんだけど、1日に何個作るっていうノルマがあったからあおられちゃって大変だったもん。仕事自体は覚えちゃえばなんて事ないと思うんだけど、どうしてもノルマ達成が目標になっちゃうから、自分だけが遅れるわけにいかなくて焦ってミスしちゃうんだよね。

 

それに組立の仕事はその場から動かないから足の裏がかなり痛くなる。最初の1週間位は慣れてないから結構キツいと思う。

 

これから組立の仕事するなら、あおられてもノルマあっても、ある程度は頑張らなきゃいけないけど焦る必要はないからね。焦って物を壊したりする方が問題だって言われた事あるから。足の裏はね、お風呂でマッサージすれば良くなるから大丈夫だょ。

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

「きついバイトをせずにお金を稼ぎたい」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわかりません。少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。