マシンオペレーターのきついところ

マシンオペレーターのきついところ

最初のとっかかりがかなりきついです。とにかく覚えることがたくさんあります。

 

機械の設定を覚えないといけなかったり、書き物を多く書かないといけなかったりしますので、覚えるのが苦手な人はきついです。

 

さらに、想定外のトラブルが起こることもあります。基本的な機械の扱い方は教えてくれるのですが、たまにしか起こらない想定外のトラブルはじっくり教えてもらえることはありません。何度も自分で経験しながらトラブルに詳しくならないといけないので、全てを覚えることには時間がかかります。

 

また、マシンオペレターは複数の機械を掛け持ちして作業しています。安定して機械が動いていれば問題ないのですが、それぞれの機械がトラブってしまうと処理に追われて大変です。

 

マシンオペレーターのきついところは機械を相手に一日中仕事を続けるというところにあります。

 

工場などのラインの一部の動かすことなどが仕事になるのですが、機械というものは融通が利きません。何かあるたびに対応しなければなりませんし、そのたびにラインが止まるわけで気が抜けません。気軽に持ち場を離れるのも無理です。

 

また、機械は待ってはくれません。次々と流れてくる仕事に人間の方が合わす必要があります。体力はもちろんのこと、精神的にもかなりきついと思いました。

 

この仕事は単純作業に近いものから技術を要するものまで様々。いずれにしてもそれだけの我慢強さや慎重さ、忍耐力がないとやっていけないと思います。

 

私は食品のマシンオペレーターを経験しました。

 

まず機械の操作や手順を覚えるのですが機械の苦手な人には苦しい作業です。特に苦手ではなければ機械にもよりますがマニュアル通りに基本的には行えばよいのでそんなに苦にならないと思います。

 

手順を覚えてしまった後はほぼ同じ事の繰り返しになります。ただし、製造する製品が多く機械の設定も多いなら、切り替え作業と呼ばれる作業がありますので大変です。

 

多品種少量生産などが当たり前の世の中なので覚悟が必要です。逆に人気製品を一日中製造しているような会社は時間がたつのが長く感じるかもしれません。

 

基本的には作業員という立場ですのでやりがいはあまり感じられません。出世を望まず同じ事の繰り返しの仕事で十分という人には良いかもしれません。

 

ちなみに食品会社のマシンオペレーターは大変です。立っているだけでも暑いところが多いですし衛生服、マスク、手袋、帽子をしっかり行って衛生に十分注意しなければいけないからです。

 

業界によって違ってきますので良く調べてから働くのが良いでしょう。

 

きついところは、同じ単純作業をひたすら繰り返し行うところです。

 

働く現場にもよりますが5時間同じ場所に立って、ずっと同じことをすることもあると思います。慣れないうちは、足や腰が痛くなり体力的にも精神的にもきついと思います。

 

始めようか迷っている人は、まずは一度実際に働いてみるのが良いかもしれません。人によっては、単純作業が苦にならない人もいます。立ち仕事に慣れている人もいます。

 

また、その人の年齢や体型によってもしんどさは異なると思います。やってみて無理だなと思うかもしれませんが、やってみないことには分からないと思います。

 

ダメだとしても現場で相談して、座り仕事にしてもらったりも可能かもしれません。そこから新たな仕事にチャレンジできるチャンスもあると思います。

 

きついところは刃物の寸法をミリ単位以下で調節しないといけないところです。少しでも寸法がズレてしまうとその製品は不良になり、さらにそれに気づかないで加工を続けているとそのマシンで加工した製品全てが不良になってしまいます。

 

最初のうちは刃物交換をしてなかなか寸法が合わなかったり、慣れてきても気が緩んでいると間違って測定してしまうことがあります。確認するのは1人でするので責任重大です。

 

過去に0.01mm刃物の位置がずれていて数十台不良になったことがあります。刃物が途中で折れたことに気づかなくて、何台もネジ穴が開いてない製品を作ってしまったこともあります。

 

慎重すぎるくらい慎重な人がマシンオペレーターに向いていると思います。

 

私は半導体の製造のマシンオペレーターをしていました。

 

その時キツイと思ったことは、まずはクリーンルームに入る為の服でした。この服はツナギで帽子も目だけでた帽子をかぶり、さらに眼鏡をかけて、安全靴の着用なので、やはり慣れないと、息苦しさを感じました。

 

あとこれはキチンと確認すれば済むだけなんでしょうが、機械に製品を入れて簡単なプログラムを入力するのですが、プログラムを間違えて入力してしまうと製品がオシャカになってしまいます。何百万もの損害が出て怒られることがたまにあり、それも嫌なことでした。

 

プログラムの入力だけでなく、製品の取り扱いを注意しないと直ぐにダメになる所。また機械が壊れやすく再々メンテナンスにしなければいけないことがキツかったです。

 

でもやはり一番キツかったのは、機械が24時間稼働の為、2交代制だったのが身体的にキツかったです。

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

「きついバイトをせずにお金を稼ぎたい」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわかりません。少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。