駐禁対策バイトのきついところ

駐禁対策バイトのきついところ

某会社の横乗りスタッフとしてアルバイトをしました。製品を納品するために色々な場所をドライバーさんと一緒に回って、ドライバーさんが納品してる間は車の荷物などの管理や整理をしてました。

 

特に体力的にきつかったということもなくドライバーさんも気さくな方だったので楽しく過ごすことができましたが、常に2人で行動を共にしていたので相性が悪いと精神的にきついかもしれません。個人的には仕事なので割り切れれば何も問題はないと思います。

 

特殊な技術や作業は求められないので大学生からご年配の方まで幅広く仕事することが可能だとは思いますが、女性の方にはオススメはできないです。理由としては缶やペットボトルの入ったそこそこ重い箱とかもあるので、腰を痛める可能性があるからです。

 

8時間座りっぱなしであることが多いので、単純に同じ体勢でいることがしんどいです。基本的に居眠りやスマートフォンの操作などが禁止されていたため、何もすることがなくひたすら座っているだけでした。

 

また、冬季は駐車中はエンジンを切っている為、非常に寒いです。その上、こちらの希望でトイレに寄ってもらうことなどは難しいので、その辺りに気を使う必要があり、ストレスでした。

 

また、これは私が勤務した営業所が悪かっただけかもしれませんが、基本的にドライバーさんはこちらに良い感情は抱いてくれません。

 

運転中も終始無言で気疲れしますし、人によっては露骨に嫌な顔をしたり、最悪こちらの業務に必要なことを話しかけてもまともな対応が返ってきません。人としてのまともな対応を望む方には向いていません。当然とても人柄の良い人もいましたが、私自身はそう言った人には一度しか会うことができませんでした。

 

とにかく楽して稼ぎたいと言う方には向いていると思いますが、しっかりと説明をしてもらいたい方や、冷淡な対応をされるのが嫌な方にはお勧めできません。

 

基本的に助手席に座っているだけなので腰とお尻が痛くなってきます。時々座り方をかえたり、停車時に車の近くでストレッチをすると痛みが和らぎます。辛いとはいえ半日くらいで終わることが多いのでそこまで辛くないと思われます。

 

また、1日座っているだけなのでとにかく暇です。私は昨年から通信の大学に通うようになったのでテキストを読みます時間を潰していました。1日で2?3冊読み終えてしまうので大きめな鞄にノートとテキストをいれ持っていっています。移動して景色が変わるので新鮮な気持ちで待つことができていました。

 

アドバイスとしては運転手の方によっては携帯を触ると小言を言ってくる人がいるので様子を見ながら携帯を触るようにする方がいいと思います。

 

きついところをと言われると悩むくらい楽です。

 

ただ助手席に乗っているだけで基本降りないです。なので逆に何もしなくて座っているのが苦痛に感じます。

 

常にドライバーと一緒に行動なので合わない人と当たった場合はずーっと一緒にドライブしないといけないので全く楽しくありません。駐禁でない所では荷物の積み下ろしは手伝うので動きたくない人にとっては嫌な作業かもしれません。自分は適度には動きたかったので苦痛ではありませんでした。

 

はっきりいってかかしでもできるバイトなので何のスキルもつきませんし、誇れるような職種でもないのであまり自慢とか就活の面接とかには使えません。時給は悪くないので楽なバイト探している人にはいいかもしれません。

 

駐禁対策のバイトは、一緒に車に乗るドライバーの人次第でその日1日が決まる部分が大きい。

 

相性の良い人と一緒だと仕事自体は行う作業も難しいことは要求されないので苦ではないのですが、相性が悪かったり生理的に無理な人と一緒に車に乗る場合は、理不尽なことで怒られたり重い空気の中で何時間も一緒に過ごさなくてはいけなくなったりと、精神的に辛く感じることがあります。

 

当日待ち合わせの場所で顔を合わせるまで、一体どういう人と一緒に車に乗ることになるのかが分からないため、運任せのようなドキドキ感があります。

 

人とコミュニケーションを取るのが得意でどんな空間でも耐えられる人には向いていますが、相手次第で天国にも地獄にもなる現場だということは覚悟した方が良いと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前に正社員は一生無理」

こういったパワハラを上司にされ続けた僕は、入社3か月目で転職を決意。絶対に見返してやると思いました。

現実は過酷でしたが。

  • 15社に書類送付
  • 書類選考に通ったのは4社だけ
  • 最終面接まで行ったのはわずか1社

でも、ある方法に気づいた結果、年商52億円企業の正社員として働いています。かつての僕のように傷のある経歴で苦戦している方のみご覧ください。

続きを読む