ゲームセンターのバイトできついところ

ゲームセンターのバイトできついところ

夕方までは高齢者、それ以降は若者の対応が大変。どちらも共通して、クレーンゲームやメダルゲーム等でうまく行かないと、店員にクレームを付けてくる。

 

うまく行かないのも含めてゲームのはずだが、うまく行かないのを自分の腕のせいではなく、ゲーム機のせいにしたり、いちゃもんを付けてくる人がいる。初めから文句を付けに来て、ストレス解消してるように見える人もいて、ゲームセンターの店員をかなり下に見ている人が多い。とにかく話を聞いて、相手がトーンダウンするまで待つしか無いことが多い。

 

高齢者はやり方が分かっていないにも関わらず、クレームを付けてくることがあり。その時は何を言っているのかがさっぱり分からないので、話を聞きながら意識が飛んでいることもある。

 

若者は警備員や警察がパトロール等でこればおとなしくなりやすいが、高齢者はその人達にも絡んでいくので厄介。

 

  • 時給が基本的に安くて、ゲームセンターが24時まで営業していて、深夜勤務となるところ。
  • 空気が汚くて気分が悪くなるところ。
  • コインメダルの詰まりなど、お客のクレームで嫌な思いをしたところ。
  • お客が置いていったごみの後始末や、手でタップしたところを拭いていくのだが、今のコロナ禍も相まって、とても厳しく指導されているので、少しでも汚れが残っていたりなんかすれば、すぐにクレームと厳しいお叱りの言葉を受けてしまうので、気が抜けないところ。
  • 土日や連休は休みにくいところ。
  • 連休やイベント前の準備は大変で何度もやり直しをさせられたりするところ。
  • 基本、立ち仕事で歩き回っているので疲れるし、お客のクレームが多くて、対応が難しいところ。

 

結構お客様がいる時間にムラがあるので、平日の昼間の人が少ない時が地味にきついです。

 

うろうろして拭き掃除をしたりして仕事をしているふりをするのがつらいです。夜とか土日のお客様が多い時間帯は、声を掛けられたり呼ばれたりしてやることが続々とあるので楽なのですが、何もないと、いいことも逆にトラブルも起きないので時間が経つのが長く感じます。UFOキャッチャーなどがたくさんあると景品を見たり、攻略を考えたりすると結構時間が経ちます。

 

基本的にゲームが好きでないと空間に興味が持てないので辛いかもしれません。逆にゲームが好きな人だと、新作が一番に試せたり、お客様のプレイを見て攻略法を探したりできるので趣味と実益がかねてアルバイトができると思いますので楽しく働けると思います。

 

ゲームセンターの仕事できついところはお客様とのコミュニケーションが多いことです。

 

お子さんから、高齢の方まで多くの年齢層が来ます。ユーフォーキャッチャーなどは特に、景品をずらしてほしいなどの要望がかなり来るので毎回対応しなければなりません。クレーマーのような人々も多いので、慣れないとはじめの方はかなり大変かと思います。

 

また、勤務中はずっと立っており、ゲームセンター内を巡回しなければならないのでとても疲れます。ゲームセンター内は音楽が流れていたり、ゲーム機がキラキラ光ることもあるので、耳や目もかなり疲労してくるので注意してください。

 

時給自体も飲食バイトと変わらないので、コスパはあまりいいと呼べません。

 

ゲームセンターでのアルバイトできついのは、まずはユーフォ―キャッチャーで取れない子供がいると親がむきになったりし、店員に文句をいってくるところです。こちらも取れないように設定しているわけではないのに罵声を浴びせられるとさすがに萎えます。

 

また、ユーフォ―キャッチャーの商品受け取り口にゴミを捨てる客もいますが、それらを掃除するときは馬鹿らしく思います。

 

メダル系のゲームでは、比較的トラブルは少なかったように感じていますが、時折機械の不具合でメダルが詰まったり、エラーがでると直すのに焦ってしまいます。そこまで難しい操作はなかったですが、客はお金も使っているので多少なり苛立ちを感じるので変なプレッシャーを感じます。特に週末は家族連れも多いため、円滑な運営が必要です。

 

バイトを考えてる人は、客からのクレームの多くが商品がかかったものが多く、それさえクリアできるメンタルなら、後は掃除や商品補充、インカムでの連携などで慣れれば楽だと思います。時給もそこそこです。

 

田舎に住んでいたので他の飲食店などよりよっぽど高い時給です。でもその分きついことが多かったです。

 

まずメンテナンスのマニュアルを覚えるのに時間がかかります。全てを覚える必要はないのに、そこでは「シフトによって緊急でやってもらうこともあるから」と言われて、時間を見て一通り覚えさせられました。あとで別のゲーセンで働く友達に聞いたら、それはないと思うよと言われてびっくりです。

 

連絡ノートはこまめにやりとりします。私はイラスト製作が得意だったので、ポップや店内のレイアウトを任されることが多かったです。

 

休日はお客様が増えるのでトラブルが多いです。スロットゾーンと子供が多い場所では何度も絡まれて、コインが足りないなど難癖をつけられたこともあります。強そうな男性従業員が多いところだと、なにかあっても対処してくれるので安心できます。従業員遠し助け合えて、すごく楽しい経験ができました。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前に正社員は一生無理」

こういったパワハラを上司にされ続けた僕は、入社3か月目で転職を決意。絶対に見返してやると思いました。

現実は過酷でしたが。

  • 15社に書類送付
  • 書類選考に通ったのは4社だけ
  • 最終面接まで行ったのはわずか1社

でも、ある方法に気づいた結果、年商52億円企業の正社員として働いています。かつての僕のように傷のある経歴で苦戦している方のみご覧ください。

続きを読む