チラシ配りバイトのきついところ

チラシ配りバイトのきついところ

期日が決まっているのが大変。いついつまでに配ってくださいという形で届くので、家族が具合が悪くなってしまって病院に行きたいと思っても、間に合わないと思うと、日中ではなく早朝や夜など、他の家族の手がある時にやらないと間に合わなかなる事がある。

 

また、天候も選ばないので、どうしても天気予報ばかりを気にしてしまいストレスになる。あとは、雨の時など、チラシがぬれてしまわないように、気を使って配らないとならず大変。

 

配る時はチラシといえど、かなり重たくなるので、キャリーにのせてある程度持ち歩き、所々キャリーを置いてそこから持てるだけのチラシを手提げに移して配るなどの工夫をしないとならず、効率的に仕事をするには頭を悩ませる事が多い。

 

チラシ配りのきついところは、通行人に配るときに、こころよく受け取ってくれる人もいるけれど、けむたがれたりもするので、なれるまでは、精神的にきついなと思うときもありました。無理やりには渡してないので、そんなに嫌そうな顔をしなくていいのにと思いましたし、通行の邪魔だと言われこともあるので、きついです。
また、トイレに行きたくなったら、近くのトイレを探さなければならないし、冬の寒い時の朝は、本当に寒くて。でも動き回ることもできないので、寒さがかなりキツかったです。

 

それから、私の場合は足もパンパンにむくんで痛かったです。けれど、精神的にタフな人や寒さに強い人であったり耐えられる人であれば、気にせずに配れると思います。

 

同じセリフを何時間も言い続けるのがきついと感じます。しかも、受け取ってもらえるのは何十人かに1人程度なので、途中で挫けそうになります。ずっと同じセリフを言い続けるとゲシュタルト崩壊を起こしそうになるので、しばらく人通りがない時は気付かれないように歌ったり、独り言を言ったりして耐えています。

 

孤独との戦いになると思うので、1人でも気長に過ごせる人には向いてるのではないでしょうか。

 

また、ずっと立ち仕事なので、足が浮腫んだり、気候によっては寒さとの戦いだったり、熱い日差しとの戦いだったりします。人目につく仕事なのでたまにさっとストレッチをしたり、足首を回したり、ふくらはぎを伸ばしたりするといいと思います。精神力だけでなく体力も使う仕事だとわかってもらえたら嬉しいです。

 

高校生の時にチラシ配りのバイトをしていました。1番辛いと思った所は、メンタル面です。

 

通行人全員がチラシを受け取ってくれる訳でもないし、むしろ受け取ってくれない人のほうが多いので気持ちが惨めになり、泣きたくなりました。元々私はメンタルが強い方だと思っていましたがチラシを配って行くにつれてどんどんメンタルがやられました。

 

そして気温も重要になってくると思います。夏ですと熱いですし、冬だと寒くて凍えてしまい手が痛くなります。雨の日もとても大変です。傘を差しながらチラシを配っていたので辛かったです。私は秋から冬にかけてチラシ配りのバイトをしていたので冬は体力的に厳しかった記憶があります。体中にカイロを貼っていました。カイロを貼っていても寒いです。

 

私の所属したチラシ配りの会社は1日に何枚以上配るなどのノルマはなかったので良かったですが、他の会社ではノルマがある所も多いと聞いたのでノルマがあるともっと大変になってしまうと思います。

 

チラシ配りのバイトできついところは、「体力仕事で低賃金」なところです。時給制や日給制のところであれば良いのですが、完全出来高制で1枚5円程度の仕事もあります。

 

また、徒歩で移動する場合はウォーキング向きの運動靴がなければ厳しいです。

 

初日に普段履いている厚底スニーカーを履きましたが、3時間くらい歩き続けていると足が重くてとても仕事を続けられる状態ではなくなりました。帰宅も不安なレベルだったので、その日は仕事を終わりにして近くにあったカフェで休憩してから帰りました。カフェで想定外のお金を使ってしまったので、あらかじめちゃんとした運動靴を履いておけば、無駄な出費をしなくて済んだのになと思います。

 

チラシ配りのバイトは、体力に自信のある方や移動を苦に感じない方であれば楽しく続けられる仕事だと思います。会社によっては時間が自由なところもあるので、気分転換しながらお金を稼ぐ…なんてことも可能です。

 

しかし、普段運動しない方などにとっては徒歩移動でのチラシ配りは重労働に感じますし、車移動であってもガソリン代などのことを考えると中々気乗りしないと思うので、自分の体力と相談して仕事に適した服装で挑むと良いでしょう。

 

ずっと外で配ってるので夏暑く冬寒い。たちっぱなしなので疲れる。なかなか貰ってもらえない。

 

エアコンが効いた部屋でできないし、拘束時間が長くずっとたちっぱなしでしないといけない。

 

冬は手に霜焼けができるほどで、夏は熱中症になりかけて倒れそうになりながら必死で立って配る。

 

20代の体力があるときにやったけど、それでもしんどくなるほどでした。まず、拘束時間が9時間実働8時間なんですが、実際は休憩をもらえず9時間ずっと立ちっぱなしでしかも道行く人はティッシュじゃないと貰ってくれないし、全然チラシが減らずに焦ったし初夏の陽気だったから熱中症になりかけながら配ってました。

 

体力があって若ければいいかもしれないけど、基本は寒さ暑さとの戦いだから暑さ寒さに強い人にオススメです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前に正社員は一生無理」

こういったパワハラを上司にされ続けた僕は、入社3か月目で転職を決意。絶対に見返してやると思いました。

現実は過酷でしたが。

  • 15社に書類送付
  • 書類選考に通ったのは4社だけ
  • 最終面接まで行ったのはわずか1社

でも、ある方法に気づいた結果、年商52億円企業の正社員として働いています。かつての僕のように傷のある経歴で苦戦している方のみご覧ください。

続きを読む