ドーナツ屋バイトのきついところ

レンタルビデオバイトのきついところ


大変だったのはレンタルから返ってきたDVDを棚に戻す作業でした。私がバイトしていたのは、大型店舗だったので、レンタルコーナーだけで途方もない広さでした。

 

最初のうちはどこに何のDVDが置いてあるのかを覚えられず、DVDの入ったカゴを持って店の中を何周も探し回っていました。どうしても棚が見つからず、泣きそうになることもしばしばでした。バイトの先輩からもとに戻すだけなのに時間がかかりすぎだと怒られたこともあります。

 

このままではだめだと思い、バイトが終わった後、棚をゆっくりとみて回ったり、手帳に見取り図を書いて家でイメトレを繰り返したりして、どこに何が入っているのかを覚えました。覚えるときは、自分が好きな映画や見たことのあるDVDをとっかかりにして、「その隣のコーナーが〇○だ」などと関連付けると頭に入りやすかったです。

 


レンタルビデオのバイトでキツイところは、レンタル、CDなどの販売、本販売、それぞれありますが、全体をとおして言えるのは、多種多様なお客様が来店されることです。

 

もちろん良いお客様も多いですが、なかにはかなり無理な要求をされるお客様もいらっしゃいます。これは別にTSUTAYAに限ったことではないのでしょうが、コンビニエンスストア並みに客層が広いので、苦労することも多々あります。

 

あとレンタル部門について言えば、ディスカウントレンタルの時は体力的にかなりキツイです。レンタルされる本数が多いので、返却業務とかは大変です。
本の販売については、荷受けの作業、品出し、返送作業は楽ではないです。一冊一冊は大した重さでなくても、箱に詰められた状態になるとかなりの重さになることもあります。腰が悪い方は大変だと思います。

 

いろいろと苦労はありますが、音楽や映画、本が好きな人には楽しい職場だと思います。お客様が探されている商品を探し出して喜んでいただけたり、オススメを聞かれてご提案して、後で感想を伝えられたりすると、とても嬉しい気持ちになります。

 


ビデオだけでも覚えるジャンルが多いので記憶力がないと大変です!

 

海外作品なんかは翻訳がついているか聞かれたりする事が多いのですが表記されていない作品も多いのですが記録しておかないといけませんし、作品のジャンル訳も曖昧なので最初はキツイです。

 

連休などがあるとお客様も増えるので作業が終わるまで残業で2時過ぎまで仕事をしたりすることもありました。

 

人気が出たりした作品をピックアップしたりするのに棚の飾り付けもしょっちゅうしないといけませんし、CDも新作がどんどん入ってきて入れ替えが激しいです!

 

人気ジャンルからマイナーなグループまで分かっていないとなかなか質問に答えられなくてクレームになります。

 

クレームが起きてお客様に迷惑をかけたりした場合、無料券を渡すのですが、券が欲しくてワザとクレームを何度も起こすお客様も居るので対応も難しいて精神的にきつかったりします。

 


以前バイトをしていた店舗は、深夜2時まで営業でした。遅番の場合、深夜2時が上がり時間になります。

 

もちろん18歳以上のみが就業可能です。深夜バイトはいろいろありますが、住宅街の中の店舗だったため、夜11時ごろを回ると一気に客足が遠のきます。正直眠いです。睡魔との戦いです。

 

もともと夜型で暇で仕事がなくなってきても起きていられますという方には良いとは思いますが、深夜2時を回り眠気と3時間近く戦ったあとにレジのお金を合わせるのがまたキツイです。なかなか合いません。残業です。みんなで床に這いつくばって小銭を探したことも何度もありました。

 

ほかには、DVDやCD、漫画のタイトルはざっとでも覚えないと、探すのが大変です。私は目が悪いのでとても目が疲れます。まだビデオテープも古い作品だと置いてあったりもしたので、返却されたものを戻す時に結構重たく、腰にきます。

 

体力と視力と睡魔と闘える人には、時給もそこそこ良いので良いアルバイトだと思います。

 


わたしが一番きつかったのは生半可な映画好きでは対応しきれないくらいマニアックな質問をされて、答えられないとあからさまに小馬鹿にした態度を取る超映画マニアの常連さんの対応でした。

 

もともと映画が好きでバイトを始めたのですがわたしが良く見ていたのは邦画が中心で、洋画の特に古いものはほとんど知りませんでした。

 

でもお店の常連さんで60代後半くらいの男性がいて、スタッフを捕まえては古いフランス映画やイタリア映画などのDVDの場所を尋ねるのですが、タイトルは絶対に言ってくれず、映画の内容しか言ってくれないのです。それで分からないと言うと映画の事を何も知らないと言われます。一度つかまるとなかなか解放してもらえず大変でした。

 

癖のあるお客さんでしたが、今にして思えばそのおかげで今まで全く興味を持たなかったジャンルの映画を知るきっかけにもなったように思います。

 

映画好きの人には腕試し(?)のつもりで、あまり詳しくないという人は新しい世界を知るきっかけとして、やってみると面白いバイトだと思います。

 


接客業の経験はあるので何とかなるかなと思って、軽い気持ちで始めました。
しかしいざバイトに入ってみると、予想していた以上に覚えなければならない業務がてんこ盛りでした。

 

特に辛かったのは、クレームの多さです。
色んな年代のお客様が来店するですが、お子さんの会員カードを持ってレンタルに来た男性や、親御さんのカードで借りに来る子供さんを3日に1度は見かけました。
本人以外がカードを使用する事を禁止しているのでお断りすると、まぁやっぱり「家族なのに駄目なのか」と怒るんですよね。
それにレンタルだと延滞料を払わないお客様も居たりして、結構大変でした。

 

セルCD・本・レンタル部門とあるのですが、レンタル部門が一番クレームが多いです。
そして遅番だと残業になる事が頻繁にありましたし、残業代も出ませんでした。

「バイト応募で1万円損した…」

東証一部上場企業リブセンスが運営するバイト応募アプリ「マッハバイト」をご存知ですか?

このアプリ経由で採用されたら最短翌日に最大1万円もらえます。これを知らずに他からバイトに応募して後悔する人がたくさんいるので要注意。

人気のフードデリバリー系もこのアプリから登録すれば最大1万円もらえます。まずマッハバイトで探して、希望のバイトがなければ他で探す。そうすることで1万円を逃さないようにしましょう。

マッハバイトでバイトを探す


「お前に正社員は一生無理」


こういったパワハラを上司にされ続けた僕は、入社3か月目で転職を決意。絶対に見返してやると思いました。

現実は過酷でしたが。

  • 15社に書類送付
  • 書類選考に通ったのは4社だけ
  • 最終面接まで行ったのはわずか1社

でも、ある方法に気づいた結果、年商52億円企業の正社員として働いています。かつての僕のように傷のある経歴で苦戦している方のみご覧ください。

続きを読む