印刷工場できついところ

印刷工場できついところ

紙やパンフレットやハガキなどを扱うので、まず重たいです。腰痛の場合は梱包した後に運べないことがあります。

 

また立ちっぱなしの仕事が多いのでこちらも腰にきます。私は椎間板ヘルニアなので、重たい仕事は避けて仕事していたにもかかわらず、立ちっぱなしが悪影響だったためにギックリ腰になったことがあります。それが私はきつかったです。

 

また、紙で時々手や指を切ります。手袋を貸し出してもらえますが紙が掴みにくく、結局外して仕事をします。ちなみに、就業前や昼休み後には手や指にけがなどがないか確認して報告します。血がついたりしたら、商品としてボツとなってしまうからです。

 

流れ作業だから基本はラクですが、数をカウントしたり目視したりと地味に神経を使います。

 

キツいところは多々ありますが、やはり印刷物は束になるとなかなかの重さになるので、それを運ぶのが最も辛かったです。

 

仕分けや搬入、搬出を担当していたので、運んだりするのが主な仕事でした。製版したり、印刷したりするのは社員の方がされていたので、その後がバイトの仕事です。

 

重いものだと30kg近くはあったでしょうか。あまり長い期間働いたわけではありませんでしたが、重労働で体力勝負の仕事だったので、辞める時はかなり腰がパンパンの状態でした。

 

その代わり、時給はそこそこよかったです。

 

現在、このバイトをしようか悩んでいる人へのアドバイスは、かなりキツい仕事ではありますが、恐らくどこの印刷工場も時給はそこそこ良いですよ

 

取引先がたくさんあるが、お客様によって梱包方法や検品の項目が違う場合がある。

 

取引先によっては検査項目が細かく、不備があった際には即クレームにつながるので一つひとつの作業に正確さが求められる。検品の数も膨大であり、たくさんの紙を扱う。細かく単調な作業を続けるのが辛い人や、視力の面で不安な人は作業に向かないと思われる。

 

断裁の作業では、0.1ミリ単位で削ったり細かな作業が求められ、正確さそして作業の早さも求められる。断裁では機械の知識が必要となるが、一歩間違えば大事故につながるため、安全対策への配慮も必要になる。

 

また、紙の束を持ち歩くことが多い。印刷前の紙や製本されたもの、梱包済みのものを持つ際だけでない。不要な紙の処理をする際や断裁ゴミを処理する際など、重たいものを持つ機会が多い。

 

精神的には特にきつくはなかったのですが、体力的にはかなりきつかったです。私がアルバイトで働いた時は、休憩時間以外はずっと立ちっぱなしという状態でした。

 

そもそも働いているスペースに椅子などが置いていないので、ちょっとだけ座るというタイミングなどは全くありませんでした。ですので、働き終わった後は足が棒のようになってしまいます。

 

足だけでなく、腰にもかなり負担がかかります。今まで腰痛で悩んだことがなかった私でも、働いて3日で腰痛に苦しまされました。

 

この仕事には忙しい時期に波があるので、よく募集されているのは短期が多いと思います。体力に不安がある人は、まずは短期間のものに応募してみて、自分と合っているか試してみた方がいいと思います。

 

入社した頃は、クタクタでした。

 

なぜかというと、荷物が重いのです。何しろ原紙から仕上がりまで紙がほとんどなので、梱包すると結構な重さになります。そして印刷物を配達する事も仕事でした。いくら若いとは言っても腰にきます。

 

それに工場内は独特のにおいがありました。インクのにおい、紙の匂い、機械油の匂いでなれるまでは、お昼のお弁当の量も、減りました。

 

自宅に帰るとすぐお風呂に入り、夕飯食べたらすぐ寝るの繰り返しで、3か月ぐらいはヘトヘトになりました。どの職業でも大変だから、頑張らないとと踏ん張りました。

 

今は慣れて、コンピューター操作も覚えました。配達先のお得意様とも馴染みになり楽しい事もあります。どの仕事もそこまで大変です。

 

出来上がった商品を検査して箱詰めするという仕事をしていたのですが、1日中立ったまま商品を検査しながら箱詰めをする作業がとてもきつかったです。
元々運動不足だった上に、体力がなかったため下半身の筋肉痛がひどかったです。あと、箱詰めしたものを移動させたりもしたので腰にも負担がかかりました。

 

また、200〜250枚を1束にして梱包などしていたので、手のひらを目いっぱい広げたりしたので、両手の指の関節が痛く大変でした。それに、手袋を使ってはいましたが肌がとても荒れます。

 

私の働いていたところではなかったのですが、印刷工場系は夜勤が多いと聞きます。なので体力に自信があり、肌にも強い人で夜勤があっても大丈夫な方にお勧めします。

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

「きついバイトをせずにお金を稼ぎたい」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわかりません。少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。