縫製工場できついところ

縫製工場できついところ

私は正社員の仕事を辞めた後、暫くの間縫製工場で派遣社員として働いていました。きっかけはたまたま求人を見たのと、手先を使う細かい作業が得意だったからです。

 

実際に仕事をしてみてキツかったことは、とにかく手先を使ってミシンを扱うので、目が痛くなることでした。常に神経を尖らせてミシンと向き合っているので、仕事が終わった後は目がクラクラしていました。

 

そしてずっと座って作業をしているので、腰が痛くなることもとてもキツかったです。休憩時間に立ち上がってストレッチをしたりしましたが、なかなか腰の具合はよくなりませんでした。

 

後はたまに眠くなってしまい、間違えて縫ってしまうこともあり、それを修正するのに時間と手間がかかることもキツかったです。

 

縫製工場で働こうと考えられてる方は、身体の具合と作業自体がきちんとできるかどうかよく考えて決められることをお勧めします。

 

縫製工場は流れ作業で同じことを一日中行うので、集中力が必要ですし、コツコツとした作業が苦手な人にはきつい仕事です。

 

縫製工場と言えばミシン作業のイメージがあると思いますが、生地の準備、完成したもののアイロンがけ、検品など仕事の種類は様々です。未経験者でも大丈夫な場合もありますが、ミシンやアイロンがけが苦手だと時間もかかってしまいます。周りに迷惑をかけてしまうし、嫌な思いをするでしょう。

 

私は未経験で縫製工場のアルバイトをしたことがありますが、慣れるまでは周りに迷惑をかけっぱなしでした。ミシンを担当していたのですが、あまりに仕事が遅かったので家でもミシンの練習をしていました。家庭科の裁縫が苦手だった人には向かない仕事です。

 

裁縫工場でアルバイトとして働いていました。

 

キツいと思ったのは製造業の割に給与があまり良くないところ。その割に一切気を抜けなくて、ミスをすると生産が止まってしまいます。生産ノルマの様なものもあり、これに達しないと残業と言う形で残ってしまいます。

 

昔は日本製の服は多かったそうですが、昨今はファストファッションの台頭により売上が下がり続けています。この雇用自体も少なくクオリティと値段を両立させる為にも外国人労働者も増加中。これから働こうとしている方はアパレル自体が大きく伸びる業種では無いと自覚しましょう。

 

やや特殊な業種になるので、ある程度知識も求められます。ただ単に給与が欲しい方や仕事に興味が持てない方はおすすめしません。

 

私は最初にミシンも針も使えず覚えるまでに時間が掛かりました。

 

私はズボンを作ったのですが、中々上手くいかず、出荷の日が来ても全然出来ませんでした。家に持ち帰ってまで残りの仕事をしたのがきつかったです。

 

それに毎日ミシンを使ったりしてるとたまに手がむくんだり、手が痛くなったりします。そんな時は痛め止めを飲みながら仕事してましたよ。それに目とかも結構疲れます。

 

仕事は覚えれば楽ですが、自分の服が糸だらけになってしまいます。工場は糸くずが舞うので、マスクとかも準備が必要かもしれません。

 

これから縫製工場で働く方がいましたら、余り環境は良いとは言えませんが、ミシンとか直ぐ使えるようになり、結構服を作るのも楽しいです。将来やくにたちますよ。

 

きついところは、黙々と作業をしなくてはいけないので集中力が必要です。

 

場所に寄っては環境が悪いところがあるので、夏は暑く冬は寒いといった場所で作業しなくてはいけない時もあります。

 

接客をすることがないので、人付き合いが苦手でも大丈夫です。しかし、作業をしている仲間とうまくいかないとその環境では作業しにくいです。工場では長く勤めているボスみたいな人が存在するところが多いので、その方には気に入ってもらえると仕事がしやすいと思います。ボスみたいな人と敵対してしまうと、厄介になりそうです。

 

集中力があって仲間とうまくやっていけそうな方に向いている仕事だと思います。

 

どの仕事もきついところはあると思うので、迷っている方がいるのならば、まず挑戦してみることが良いと思います。経験がステップアップに繋がると思います。

 

慣れるまでがきついです。技術的なものより精神的なものです。

 

自分は学生時代に勉強も良くできなくて、周りの人とかがカリカリ試験中にペンを動かしているだけなのに動揺してしまう性質でした。その影響か周りの淡々と仕事をしている状況にプレッシャーを感じてしまい、慣れるまでが大変でした。

 

工場でも普通の人が4〜8時間で習得することを40時間かけてしまい、担当の人に励まされてなかったら逃げ出していたと今は思います。

 

始めようか迷っている人には、まず始めて欲しいです。理由は出来るようになったら楽ですし、怪我もしたことはありません。今まで未経験だからとか、不器用とかは尚更問題ないですよ。慣れれば、ただの作業です。是非、頑張って欲しいです。

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。