タイヤ工場できついところ

タイヤ工場できついところ

はっきり言ってほんとにきついです。

 

工場内はすべてゴム臭くて、油臭くて、はじめは目にしみるくらいでした。しばらくたって慣れてきてはいてるけど、作業服の臭いは半端ないです。

 

洗濯物は家族が洗う洗濯機を使うことができません。だからうちには洗濯機は2台あり、作業服洗い用は屋外にあります。臭いが取れる良い洗剤知らないでしょうか。洗って天日に干したあともゴムくさいからです。

 

仕事はやはり重いし、手は黒くなるし、爪の中まで黒くなります。手も荒れます。しっかりハンドソープで洗わないといけないから、ケアしても荒れるのです。

 

タイヤでは、大手の会社ですが工場はどこも同じだと思います。4Kと言われるくらいきつい、危険、汚い、臭いです。

 

タイヤ工場の仕事できつい箇所はいくつかありますが、まず一番きついのはにおいです。

 

タイヤを加工・成形する際にはどうしてもあのゴムを燃やした臭いがしてきます。対策としては慣れるしかないのですが、慣れるまでは少し時間がかかると思います。また同様に、熱して成形する工程が同じ工場内で行われている場合には工場内がとても暑いです。

 

特に夏場では熱中症対策のため、塩飴を舐めたりこまめに水分をとるといった対策が必要です。

 

また、タイヤが形として出来上がってからも加工・運搬をするのにひとつひとつが割と重量があるため、持ち上げる際やおろして並べる際にも力が必要です。

 

臭い、暑いといった事に加えて体力勝負の仕事です。給料は平均より多少良いと思いますが、内容はそういったきつさがあることを覚悟しておきましょう。

 

きついところはやはり3K(キツイ、キタナイ、キケン)と言うことです。

 

何がきついかと言うと、タイヤの粉塵が部屋の中を舞っていてエアコンがきかず、窓は一年中開いているので、夏は暑いし冬は寒いと言うことです。

 

火傷などは当たり前でひどい時は指を失った人もいます。知り合いが働いていたのですが、働き出して1週間くらい経過した時に、食欲がなく体調が悪くなりだしました。病院に行って診てもらったところ、どうやらタイヤ臭のアレルギーだったみたいです。

 

工場によって違うかもしれませんが、きついし労働時間が長い割には給料が安いです。時給で換算しても1300円〜1600円でした。始めようと迷っている人は選択肢としては外したほうがいいと思います。

 

タイヤ工場でのバイトがきついのは、当然工場の仕事ですから、工場の仕事にあるようなきつさが当然あります。その上、タイヤという性質から来るの労働環境が一番です。

 

タイヤはゴムでできています。そのために、特有のにおいやガスに悩まされます。とはいっても有害というわけではありませんが、やはりきついにおいによって良い気分はしません。当然、窓などは開けておくことになるのですが、その結果、季節によっては暑かったり寒かったりという状況も出てきます。

 

それに加え、工場での仕事ですから体力も使うし、ある程度の危険も伴います。

 

これら大変だと思うような要素が複数あるので、よりきついと感じる人が多くいるのがタイヤ工場での仕事です。

 

タイヤ工場のバイトできついところは、体中タイヤの臭いになることです。仕事が終わってもタイヤの臭いが鼻に残って消えず、タイヤ工場のバイトをやめてからタイヤを見たくも触りたくもありませんでした。

 

タイヤを運ぶのも重たいので肉体労働でキツいですし、タイヤの臭いで頭がくらくらするし、今までしたアルバイトの中で上位に入るくらいのキツい仕事です。

 

タイヤの臭いがアレルギーになってしまう人もいたくらいです。その人もすぐにやめていきましたが、人の回転は早かったです。やめる人は1日でやめていきましたし、1週間くらい頑張って働いていると思ったら次の日急に来なくなったりするのが結構ありました。

 

それだけタイヤ工場のバイトはキツいということなのだと思います。

 

タイヤ工場でのバイトや派遣で働く際には、あらかじめきつい部分を知っておいてもらいたいですが、タイヤ工場で働くときに気を付けるべきなのはタイヤ自体の臭いになります。

 

普段は意識しないけれども、タイヤが多く集まった工場で作業をするときには、タイヤの臭いというのはかなり目立つものになります。そして、その臭いが人によっては不快感を催すので、そういった状況の中で長く働くのは厳しい可能性があるのです。

 

もちろん、タイヤの臭いに関して問題ないという人もいますから、タイヤの臭いが作業をするときの支障になるか?どうかは完全なケースバイケースです。でも、人によってはタイヤの臭いに耐えるのが難しいという人もいるので、そういったところはあらかじめ知った上で、バイトや派遣の仕事を始めましょう。

 

すでに製品となって使用されているタイヤと工場で製造段階のタイヤでは、臭いの強さも違うと思います。身近にある車のタイヤと臭いをかいでも、自分がタイヤの臭いに耐えられるか?どうかは判断できないと思いますから、そこも知っておきましょう。

 

きついタイヤ工場バイトをせずに稼ぎたい人以外はタップしないでください