リサイクル工場できついところ

リサイクル工場できついところ

地元にあった古着のリサイクル工場で派遣社員として働いていました。

 

幸い服でしたので重い物を持つと言う事は無かったです。しかし、古着を扱う為不衛生でマスクをしなければ鼻の中が黒ずんでしまいます。

 

きついのは、袋を切断して中身を取り出すのですが、基本的にこの動作を延々とやらなけばならないこと。半分ライン作業でしたので、作業が止まると全体が止まってしまい、その為に怒号が飛び交ってしまいました。派遣で短期の仕事でしたので、任期満了で辞める事になりました。

 

マスクなどを必ず付ける事と作業を止めないようにすれば、難しい仕事でもありません。時給自体もそこまで悪くないので、体力に自身が無い方であっても問題ないでしょう。

 

私は、高校時代に家電などのリサイクル工場でアルバイトをしていました。

 

始めの求人票など面接などで聞いた話だと自分でもできそうかなと思いました。しかし、いざやってみると力仕事が多く、バイトの日は毎日つらかったです。

 

始めは社内での部品分けなどの作業でしたが、若いと言うことで解体作業の手伝いに回されました。そこで、冷蔵庫を引きずりながら一人で運んだり、電子レンジや他の重たい家電などを沢山運ぶ破目に。求人票などには、部品の仕分け作業と書いてたので甘く見ていました。

 

また、家電の破片などで軍手をしていても良く手を切ってました。休日などもこのような作業をしていたのでとてもきつかったです。

 

私の場合は家電等のリサイクルでしたが、他のリサイクル会社でも多少の力仕事は、あると思った方が良いです。また、リサイク品なので多少の汚れ(ひどいのもあります)虫等があるので注意してください。

 

リサイクル工場では様々な物が運び込まれてきます。

 

電化製品などを取り扱うときは一つ一つが重いので、とても腰が痛くなります。

 

家電製品でも小さいものであれば一人での運び込んだり出きるのです。しかし、大型なものであればやはり一人で無理をしてしまうことは事故に繋がります。やはり、事故が一番ダメなのでとても注意が必要です。

 

また、プレスする作業のときは音がとても大きく、長くそこにいると耳が痛くなったり、プレスする音が耳から離れなくなってしまって、とても不快になります。なので、耳栓などで、できるだけプレスする音が小さくなるように工夫も必要です。

 

体力勝負のところもありますが、リサイクルすることで新しいものが生まれると思うととてもワクワクする仕事です。

 

リサイクル工場にも色々と種類がありますが、プラスチック系のリサイクル工場の場合について記述します。

 

まず、きつい所は臭いです。家庭用のプラスチックゴミの場合、食品が入っていた容器等も入ってきます。独特の臭いがします。耐えられる人は良いですが、耐えられない人は絶対に無理です。

 

ラインにリサイクル品が流れてきます。ラインなので、持ち場から離れる事ができません。流れているコンベヤーを見ていると、酔う人もいますが、やっていくと慣れてきます。

 

夏場は暑かったですが、送風機やスポットクーラーがあるので、耐えられます。

 

勤めていた工場は安全対策にも力を入れていました。安全対策に力を入れていない工場は絶対にオススメできません。怪我してからでは遅いです。

 

工場は炎天下の外仕事より全然楽ですし、熱中症のリスクが低いです。臭いに耐えられれば、良いバイトだと思います。

 

パソコンリサイクルのアルバイトを少しだけした事があります。

 

誰にでも出来る軽作業という事で始めてみましたが、実際はパソコンに詳しく部品について多少でも知識がないと作業するのが大変で、かつ手早く丁寧に正確な作業を問われました。

 

自分が任されたのはリサイクルしたパソコンの部品などを梱包し発送する作業でした。指示が部品の名称でされたり部品によって梱包の仕方なども違い、パソコンパーツなどに疎かったため名称を覚えるのに一苦労。名称を頑張って覚えていかないと、指示されてもちんぷんかんぷんです。作業に遅れが出て迷惑がかかる、などプレッシャーがありました。

 

梱包の仕方は慣れてくれば手早く丁寧に出来ると思います。専門パーツを扱うリサイクル工場などはパーツ名称を覚えたり扱いに気をつける事も大事なので、そこをクリア出来れば大丈夫だと思います。

 

ペットボトルや空き缶、空き瓶等を分けて機械に入れていくだけという作業。

 

説明を受けているときは楽なように見えましたがいざ近付いて自分でやってみると、ゴミから漂ってくる臭いが凄く臭くて気持ち悪くなりました。一つ一つゴミによって悪臭が違い、それが合わさってより変な臭いになっているんです。一応マスクはつけさせてもらえましたけど、そんなんじゃ防げないくらい強烈でした。

 

あと、女性の方は腱鞘炎に注意です。空だと言ってもビンは重いものも多くてずっと作業を繰り返していると腱鞘が痛くなってきました。簡単な仕事なのでパートで来ている方がいましたが、腱鞘炎予防に手首を包帯みたいなものでグルグル巻いていました。

 

工場内ではゴミ収集車が回収に来た際のような大きな音もするので、気になる方は耳栓も用意しておくと良いかもしれません。

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。