豆腐工場できついところ

豆腐工場できついところ

きつい点は私は3点あると感じました。

 

何といっても食品をあつかうところのなので、出勤してから製造エリアに入るまでの準備が大変です。制服に着替えて夏場でもマスクをしてコロコロをかけていきます。

 

そして次に厳しいのが運搬の工程です。豆腐製造の工程はまずは、原料である大豆の洗浄から始まります。大豆が欠けていたり、異物が混入していないかなど目視で確認をして異常がないものだけまずは洗っていきます。

 

そして水につけていくのです。手が荒れないためにゴム手袋をつけていたのですがそれでも冬場は寒さが指先にやってきてかじかんでしまいました。特に私の場合は乾燥肌でもあったのでハンドクリームが手放せない状態でした。そして前日に付けておいた大豆を大型のミキサーに投入していきます。

 

この部分までは私が勤めていた工場は手作業でした。

 

トレイに5キロくらいの大豆を積んで何往復もしてミキサーに投入します。この部分が終わればあとは機械がやってくれるので楽ではありました。そしてパック詰めされたものをパッキングエリアに送っていきます。

 

とにかく力仕事なので、体力と腰に自信が無ければ難しい仕事です。

 

豆腐などを中心に製造している工場で働いた経験があります。

 

実際の仕事内容は「製造」に携わることは比較的少なく、製造物の梱包や仕分け、配送が中心だったのですが、勤務形態としてはそれほど違いはないと思います。

 

きついと思った点は、第一に時間帯が不規則で夜勤の業務が多いことでした。自分のいるセクションでは勤務もさることながら待機時間が長いということも、仕事へのモチベーション維持の観点からマイナス要素だった気がします。

 

また第二に、寒い場所での業務となるので、動いているうちはいいのですが、少し待ち時間があると身体が芯から冷えてくる感じで、結構きつい感じがします。寒さに加えてかがんでする仕事も多いので、腰を痛めがちになるのもきついところです。

 

特にきつく感じるかもしれないのは、早朝からの作業が多いこと、冷水を使った作業があることです。

 

朝早く起きるのが苦手な人は毎日早朝から作業があるのは厳しいかもしれません。豆腐という商品の製造過程故に冷たい水を使うことも避けられないので、冷え性の方などは厳しい作業とに感じるかもしれません。特に冬季間は厳しく感じる日も多いく鳴るはずです。

 

豆腐を作る作業自体は熟練の技術も必要なので、最初は豆腐をカットしたり、パックに詰めたりするとことから始まると思います。その作業で厳しいと思うなら、豆腐を作るところまで経験を積んでいくのは難しいと思います。

 

ただ仕事の工程自体はそこまで複雑ではないので、寒さや朝に強く、同じ作業の繰り返しでも野外を感じられる人にはおすすめの仕事です。

 

豆腐工場の仕事できついのは、寒いこと、黙々と作業をするのでほとんど話せないこと、手荒れなどです。

 

食品を扱う訳ですから、工場内は清潔に保たれています。自信も衛生面に気を付けないとなりません。手を消毒する場合に、肌が弱い方は手荒れを生じる可能性があります。お客さんに何かあってはいけませんから、身なりにを整えて消毒することは、避けられません。私は肌が弱いので、手荒れはいつもの事でした。

 

作業をする工場の温度は、暖かくありません。豆腐は冷蔵庫に保管しますよね。ですので、作る工程も肌寒く、冬場は底冷えします。主に、手足や首元、お腹が冷えます。お腹が弱い方は気を付けないといけません。冷え性の方も同じです。工場によってルールがありますのでそちらに添って冷え対策をして下さいね。

 

主に揚げ豆腐などの作業をしていました。

 

まず、作業時間中トイレにも行く暇がなくてほぼ立ちっぱなしの中腰作業で膀胱と姿勢がきつかったです。巨大フライヤーの担当なので油を熱しているので夏は非常に暑く冬になると幾分過ごしやすくなります。

 

作業着が仕事の制約上年中半そでなので油が飛び散って腕が火傷だらけになります。

 

機械になみなみと入っている食用油も5日ごとぐらいに交換しないとならないのですがコックの開け閉めやボタン操作などが煩雑で慣れるのに3か月位ようしました。

 

まあこれはこの食品会社が問題なのかもしれません。最初2週間ぐらいは担当者がついて教えてくれたのですが、日替わりで人が入れ替わるので人によって真逆な事を言われるので混乱しました。

 

マニュアルらしきものが存在しないので、自分で思い出して自分でルーティンをメモしてました。2週間後はいきなり一人作業になり分からない時は上の人に聞きたかったのですが、忙しいのか不在のことが多くてかなり失敗しました。

 

食品会社はおおむね零細企業なので多分これらのことは当てはまる会社が多いと思います。

 

豆腐自体を作る作業も水とかに触れる作業が多いため冬とかは冷たくて大変です。全般的に当てはまるのですが、食品なので食中毒の問題などで暖房がほとんど入ってないので一年中寒いです。

 

豆腐、油揚げ、その他、番重などに乗せて運ぶのですが重量がかなりあり一日中運ぶ部署もあってそこは重量的にきついです。

「バイト応募で一万円損した…」

東証一部上場企業リブセンスが運営するバイト応募アプリ「マッハバイト」をご存知ですか?

このアプリ経由で採用されたら最短翌日に最大1万円もらえます。これを知らずに他からバイトに応募して後悔する人がたくさんいるので要注意。

人気のフードデリバリー系もこのアプリから登録すれば最大1万円もらえます。まずマッハバイトで探して、希望のバイトがなければ他で探す。そうすることで1万円を逃さないようにしましょう。

マッハバイトでバイトを探す


「お前に正社員は一生無理」


こういったパワハラを上司にされ続けた僕は、入社3か月目で転職を決意。絶対に見返してやると思いました。

現実は過酷でしたが。

15社に書類送付
書類選考に通ったのは4社だけ
最終面接まで行ったのはわずか1社

でも、ある方法に気づいた結果、年商52億円企業の正社員として働いています。かつての僕のように傷のある経歴で苦戦している方のみご覧ください。

続きを読む