イベントスタッフバイトのきついところ

イベントスタッフバイトのきついところ

イベントスタッフのきつい所はたくさんありますが、一つは天候です。

 

野外でのイベントでは圧倒的に雨の場合には気を付けることが増えます。濡れてしまうため、チケット確認が遅れる事、そして足元が泥の場合の整地されていない時には転倒や滑る等の列が乱れる事などのトラブルが起きます。

 

成人した人間が多く集まる場合には良いですが、家族連れのイベントなどは子供が転ぶなどは特に気を付けなければいけないからです。

 

天候と合わせてきついのは季節です。春と秋だけではなく、夏には多くの野外イベントが開催され、熱さが大敵です。客が不調を訴えるだけではなくスタッフも熱中症の危険性があります。

 

バイトを始めたい方には、季節を選んで参加していただくと良いと思います。

 

私がイベントスタッフを経験してその中でも一番きつかったものはコンサート会場のイベントスタッフです。

 

小さい会場であれば、拡声器があればまだいいほうなのですが、大きな会場になると拡声器を使っても周りの声に消されてしいます。

 

地声を張り上げたほうが浸透しやすいので、拡声器を使わずに誘導などしていたら声がかれてしまいました。次の日はすごくきつかったです。

 

また夏の日だったのですが、炎天下の中休憩なしに外にずっと立ちっぱなしだったのですごくくたばりました(笑)

 

ただ1社ではなく、何社かが参加して何百人くらいの規模でやるので、団結力はもちろんいろんな人と知り合ったりすることができて、すごくやりがいを感じます。

 

接客が好きな方、日払い希望の方は向いてくれると思いますよ☆

 

交通費も負担してくれますし、昼食も支給されるのでこの夏にもぜひ、体験してみてください。

 

会社によって対応の仕方は異なるかと思いますが、一番イベントの仕事の中で大変だと感じたことは臨機応変さが求められることです。

 

販売のイベントで勤務していたのですが、研修はなく入った当日に商品の値段や商品知識、お店で受け取れる金券の種類、主要な周りの建物等、覚えることが多くあり、大変でした。

 

お客様から見れば新人とは思われないので何でも聞かれますし、当日(正確には5分程度)の時間ですべてを覚えられるわけではないので当然答えられない質問もあります。

 

野外での勤務ですと、熱中症や悪天候にみまわれることも多々ありますし、イベントスタッフが慣れていないおらず交代の時間がうまくまわらなかったときには昼食を5時にとったこともあります。

 

しかし、大変な中でこそ自分の成長があります。何事にも臆せず挑戦してみてください。

 

私は様々な商品の知識を得ることができましたし、大変だったからこそ団結力が深まり、友人になれた方もいます。またイベント業なので出会いも多いです。様々な人と出会えることは今後の自分の財産になりますし、様々な考え方を吸収することができます。

 

わたしは学生時代、イベントスタッフのバイトに登録をしていました。さまざまなイベントがある際に、仕事の依頼が会社からきて、都合が合う日であればバイトをするといった内容でした。

 

その流れで、はじめてイベントスタッフとしてバイトをしたのがコンサートスタッフでした。わたしの役回りは、会場を入って、さらにホールに入るところの入り口で待機をし、来場するお客さんに席を案内するというものでした。お客さんが持っているチケットをみて、客席に案内をするので、一見そんなに難しくないように思われますが、実は結構大変です。

 

みんなが開演時間にきちんと揃っているわけではなく、コンサートの途中でもどんどん遅れてくるお客さんがいます。会場は真っ暗で席の番号もよく見えないし、他のお客さんの邪魔にならないように狭い通路を歩くのは大変でした。

 

イベントスタッフといってもイベントの設営や撤去といった力仕事もあれば、イベント中の接客などの仕事もあるのでいろいろです。

 

イベントの設営や撤去などは力仕事なのでとてもきつい仕事です。スタッフも女性はほぼおらず男性が担当します。屋外イベントの場合は仮設テントの骨組みをトラックから運び組み立てたり、机を運んだりします。屋内でも机や椅子を運んだりします。撤去も設営作業の反対のことをするため、重いものを運んだりします。

 

大きなイベントになればスタッフも増えますが、量が増えるため1人当たりの作業量は変わりません。スピードも要求されるため、短時間での作業はきついです。次の日筋肉痛、なんてこともよくあります。夏場は汗だくだくの状態でかなり疲れます。

 

一方、イベント中の接客は設営や撤去同様きつい面もありますが、力仕事は減るためきつさは少しましになります。ただ、物を補充したりする場合は重いものを持つ時もありますし、お客さんがたくさんイベントに来場する場合はずっと接客、ずっと何かしらの作業をしている、という状態になるので疲れます。また、イベントにもよりますが、立ちでの接客が多いので、1日通して仕事をしていると夕方には足が疲れます。

 

最後にアドバイスですが、基本的にはイベントスタッフの場合、男性は力仕事が何かしらあると思っておいた方が良いと思います。力に自信がある人、多少の力仕事は気にしない人はイベントスタッフもおすすめです。

 

女性の場合は力仕事は少ないですが、接客等が多いので、接客が苦にならない人にはおすすめです。

 

また、イベントスタッフは会社によって担当しているイベント内容が違ったりする場合もあるので、事前に口コミを調べておくと良いと思います。

 

イベントスタッフのバイトできついところところはわりとあるのです......。

 

私は短期でイベントスタッフのバイトをしました。まず日によってする作業の内容、勝手が違うことが多いです。ですので慣れるまでには時間がかかると思います。イベントによって業務内容が違うので、日によってきついところというものも変わってきます。

 

例えば設営等のお仕事の場合はほとんど体力仕事です。男性はよく力仕事を任せることが多くなると思います。私の場合次の日の筋肉痛はぜったいでしたね(笑)

 

イベント中のみまわり等の場合は立ちっぱなしがほとんどです。これは企業によるのかもしれませんが、内容を少しでも見ると怒られることもしばしば。比較的高給なアルバイトですので、その分体を使っていろんな業務を行って、しっかり働くことになりますね。(笑)

 

イベントスタッフバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。