コールセンターバイトのきついところ

コールセンターバイトのきついところ

電話にでるまでに覚える内容がとても多くマニュアルがこと細くあるのでとにかく覚えることが大変。電話に出てからもお客さんによって色々な質問が出てくるから常に勉強をしていなくてはいけない。

 

また、新商品が出たら一から覚えなくてはいけなくて、お客さんの方がたくさん使ってるから難しい質問をされる事が多い。電話が繋がるまでに長い時間待つお客さんがとても多いので、イライラしている人がとても多かった。

 

相手がみえないからかお客さんに悪口など言われることもあり、精神的苦痛を受けさせられることもたまにあったので、電話対応をする事が怖くなることもたくさんあった。

 

暇な時間も比較的少なく、常に電話が繋がるのを待っているお客さんが多いから、お昼休憩以外休憩を取れる事がとても少なかった。

 

精神的な苦痛を受けることや勉強不足でこころが折れそうになる事も多いけれど、やりがいのある仕事ではあったのでやってみるのもわるくないでしょう。

 

コールセンターのバイトは2年ほど経験しました。

 

時給はそこそこ良く、残業代もきちんと支払っていただけましたが、担当が問い合わせ窓口であり、内容のほとんどが苦情でした。

 

穏やかに、冷静に会話してくれるお客様が大半ですが、10人に1人くらいは最初から最大級に腹を立てていて、怒鳴られることもしばしばです。また、声を荒げることがなくてもネチネチ長々と嫌味を言われるのも辛いものです。

 

受け答えはマニュアルで決められているので楽かと思いましたが、通り一遍の謝罪を繰り返すことで火に油を注ぐこともあります。続けるうちにだんだん電話を取ることに恐怖を感じたり、勤務時間外でも思い出しては落ち込み、体調も悪くなってしまいました。

 

振り返ってみると、元々オフとオンの切り替えが上手なタイプではなく、小さなことでも引きずりがちな性格だったのが悪かったようです。

 

これから始めようと思っている方は、勤務時間中は役者になったつもりで受け答えをし、プライベートは仕事のことをすっきり忘れてバランスを取って欲しいと思います。

 

一番きついのは風邪を引いた時です。

 

コールセンターの仕事は1日中声を出しているわけなので、風邪を引いてのどを痛めたときや、咳が止まらないときは本当にきついです。

 

休みたくても自分が外れることによって他の人が取らなければならない電話が増えてしまうため、なかなか休めません。簡単に休めないというところもコールセンターのきついところだと思います。

 

接客や力仕事と違って座ってやる仕事で、しかも相手には姿が見えません。ちょっとくらい体調が悪くても仕事できるでしょと言われてしまいます。

 

そして休まれた側もきついです。

 

コールセンターの種類にもよりますが、電話を受けるのがメインのところだと一人抜けてしまうと休憩に行く暇もないくらいの状態になってしまいます。単純に4人で100件受けていた電話を、1人休んだことにより3人で100件受けなければならなくなり切っては鳴り、切っては鳴りを延々繰り返しとてもハードです。

 

どんなコールセンターかにもよりますが、入るとまず研修が長く、覚えることが多いです。

 

なまりや方言は禁止で標準語で話すのと正しい敬語を使わなければいけません。忙しいところだと電話が鳴り続けているので、一人で一日に何十件も取らないといけません。一件終わったらすぐ次の電話というように休む暇もなく、また一件にかかる時間も予測できないのでトイレを我慢するときもあります。

 

そして一番きついのはクレーム対応です。一対一で相手の表情が見えなくて、声だけで責められ、怒鳴られるので精神的にダメージを受けることもあります。もちろんこちらからは言い返すこともできず、どんな理不尽なことを言われても謝るしかないので嫌な気分になります。

 

まず初めに受信対応と発信対応がありますが、発信対応は比較的こちらからかける為、伝えたいを自分での中でまとめてから発信できるが受信対応ではお客様が何を聞いてくるからわからない事がキツイです。

 

クレームはしかり、セクハラの電話や暇つぶしの為にかけてくる電話などが多々あります。訛りや声が小さいお客様に何度も同じことを聞くのも辛いです。

 

また説明が通じない事も多々あります。会社では通じる用語であってもお客様には通じない用語なんかも多いです。プラン説明等も面倒です。働いている者にとってはプラン内容が頭に入ってたり、目の前に用意されているがたいていお客様にはわからないものであると思ってます。

 

アドバイスとしては料金プラン(オプション等を含む)や専門用語が少ないコールセンターをおススメします。また敬語や迅速な対応にとらわれすぎて、言ってることがおかしくなってしまわないように気を付けてください。そういったことがクレームにつながる模様です

 

お客さんも電話なので無理難題を押し付けてきたり、理不尽な事を言われる、自分の話をし出していつまでも話をされる等いろんな方がおられます。

 

中にはイタズラも多く、精神的に参ってしまうこともあります。社内も言葉使いや態度にもとても厳しく、忙しいときには休憩する間もなく電話を取りあえず取れといった雰囲気なので声が出なくなることも多く大変です。

 

販売をしているコールセンターではノルマはなくてもコミュニケーターを営業として見ている所がありバイトであってもプレッシャーに感じる。

 

また、サービスの質を上げることを徹底としているので抜き打ちでテストがあったり、音声を聞かれていたりするのでたとても圧迫感を感じます。

 

精神的に強くないとやっていけないです。

 

コールセンターでバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。