たこ焼き屋バイトのきついところ

たこ焼き屋バイトのきついところ

  • 暑い
  • 油がはねて火傷する
  • 匂いがつく
  • 単調
  • クレーム対応
  • 立ちっぱなし
  • 慣れないと手首が痛くなる

たこ焼き屋バイトの評判

油がはねて火傷しますが、そのうち慣れます

たこ焼き屋のバイトできついことはたこ焼きを焼いてる時に油が手や顔にはねることです。手袋を許可しているお店もありますが、手袋しないお店の方が多い気がします。理由は手袋をしていると見た目が悪いためです。

 

油が手にはねることで結構火傷することが多いです。最初の頃は火傷が酷くて辞めたくなると思います。ですが油がはねることもそのうち慣れてくると思います。

 

それともうひとつきついことはお客さんからのクレームが意外と多いです。たこ焼きが冷めたから新しいのに変えてほしいとか理不尽なクレームも多いです。基本的にクレームは受けた人がその場で処理することが多いと思います。そういったクレームに対処できる精神力も求められます。

暑さへの耐性と器用さが求められる

たこ焼き屋のバイトで辛いのは暑さと手先の器用さが求められることです。たこ焼きの鉄板は常に高温で熱せられているため、冬でも汗ばむほどの暑さになります。冬ならまだしも、夏の暑さと言ったら筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

また、たこ焼きはしっかりと丸く焼き上げなければいけません。ですが、不器用な人だとたこ焼きを起き上がらせるタイミングが早かったりして丸く焼き上がらず、売り物にならないこともあります。この場合は失敗した個数分の代金を自分で支払うこともあります。ですから、手先が不器用な人はこのバイトは間違いなくきついと言えるでしょう。

 

普通に飲食関係で働きたいならば、他のお店でバイトをした方がお得です。しかし、お祭りで屋台をやりたい人や独立営業がしたい人には、現場経験を積むことができるのでおすすめです。たこ焼き屋のバイトは明確な目標がないと続けにくいバイトだと思います。

ひたすらたこ焼きを作り続けなければなりません

たこ焼き屋のバイトのきついところは、たこ焼きばっかりなところです。

 

たこ焼き屋のメニューってたこ焼きがメインで、サイドメニューはドリンクがあったりアイスがあったりそれくらいですよね。サイドメニューは誰でも作れるようなものばかりなので、そんなに技術がいらないのはいいことですが、あんまり出ません。なので、ひたすらたこ焼きを作る作業が続きます。

 

たこ焼きは作っているのを見るのは楽しそうですが、実際は熱い鉄板の前で千枚通し片手にずっと立ち仕事ですよ。暑い!たこ焼き屋は厨房が狭いので、全然動きません。それが余計につらくなってくるんです、足がぼーっと疲れてきます。そして、たこ焼きを焼くために下をずっと見ているので肩と首が凝ってきます。

 

動きは少ないわりに、ぐったりと疲れがきますよ。でも単調な仕事がお好きな方にはおすすめですよ。

慣れないうちは手首に負担をかけてしまいます

私がバイトしていてきつかったことは何点かあります。まず焼く仕事が出来るようになって、ずっと焼いていると手首が痛くなってきつかったです。

 

慣れないうちはどうしても手首に力が入ってしまいだんだん感覚がなくなる感じになるのできついです。また慣れると大丈夫ですが、油が跳ねて来るのもきつかったです。大きなやけどまではいきませんが結構な量が跳ねてくることもありました。実際少しですが小さなやけどみたいなのがまだ跡が残っています。

 

あともう1つはソースが手についてしまうことです。たこ焼のソースには甘口と辛口があり辛口はそうでもないんですが、甘口は割りととろとろしていて手につくとベタベタになるので一回一回手を洗わないといけないので忙しい時とかはきつかったです。

夏は暑いし、粉物が嫌いになります

高校生の頃たこやき屋さんでアルバイトをしていました。

 

とても狭い店舗で店の面積の半分くらいがたこやきを焼く鉄板だったので、夏場はとても暑かったです。たこやきを焼く担当の人はいつも汗だくで作業をしていました。

 

また、全身にたこやきのにおいが染み付くのでバイト終わりに友人と遊んだり、買い物に行ったりすることはできませんでした。特に髪の毛にはにおいがつきやすいので、家に帰ったらすぐにシャワーをするようにしていました。

 

これからアルバイトを始めようと思っている人は、夏はとても暑いので覚悟が必要です。空調が効いている場所で快適に働きたい人には向かないと思います。また、バイト中常にたこやきのにおいにつつまれているので、たこやきだけでなくお好み焼きなど粉ものを食べたいと思わなくなると思います。

立ちっぱなしな上に油が飛んで熱い

たこ焼き屋さんはたこ焼き好きには羨ましいと思われがちですが結構ハードな仕事です。私は2年ぐらいやっていたので大変だったことを話したいと思います。まず一つ目は立ちっぱなしの作業です。休み以外は基本的にあまり座れなかったので座りたいと思う方にはかなりキツいと思います。

 

次に油が結構飛びます!火傷もしました。油が腕に良く飛んで何度熱いと言ったかわかりたせんしまだあります。油を使うと言うことは結構体がベタベタになるのと髪や服に臭いがつきます。特に顔は油で結構ベタベタになりました。

 

これからたこ焼き屋さんでアルバイトをと考えている方にアドバイスはとにかくたこ焼きが好きか嫌いかということです。私はたこ焼きを食べるのが好きなので2年はそのたこ焼き屋さんでバイトをしていました。

 

たこ焼き屋バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ