うどん屋バイトのきついところ

うどん屋バイトのきついところ

  • とにかく忙しい
  • オープンキッチンがある店では見られて緊張するし、疲れた顔はできない
  • うどんをゆでるので暑い
  • 声出しでのどがかれる
  • 大手チェーンは新メニューを覚えなければならない

うどん屋バイトの評判

居酒屋の数倍忙しい

うどん屋チェーンで働いていました。このバイトののきついところは、やっぱり、とにかく忙しいところです!昼ごはん時はサラリーマン、外仕事のお兄さん、家族連れの方たち、とにかく混みます。キッチンは大げさでなく本当に戦場と化しています。

 

私は結構繁盛している居酒屋でのアルバイトをしたことがありますが、それの何倍も大変で本当に目が回る忙しさです。ですが、オープンキッチンなのでだらけたり、疲れた顔はできないので、活気のあるお店というイメージを崩さないように必死です。

 

メニューも意外と覚えることが多いし、新メニューが出たときは研修もありました。仕事以外で、新人研修があります。これは絶対参加です。別途手当てがでるのでいいんですが。

 

あとは、とにかく暑いです。揚げ物と、うどんを茹でる大なべがあるので、真冬でも汗がとまらないほどに暑いです。汗っかきさんには結構つらいかもしれません。

オープンキッチンだったのでお客様の視線で緊張しました

大手うどん屋チェーンで働いていました。

 

きついところは、オープンキッチンが売りとなっていますので、常にお客様から一挙手一投足を見られている中で調理、盛り付け等をしなければならない緊張感があります。

 

具体的には、提供可能な麺が切れて、次の麺を茹でている時間が3分程かかる時に、お客様が列が20名位待たれるとお客様の苛立つ視線や小言をあびせられることもあります。

 

お客様の中には香川県の本場に住んでいたか、旅行でいかれたのか不明ですが、バイトに慣れてない頃に、注文時に「ひやあつ」でとか「あつひや」でとか意味不明のことをおっしゃるので(後で意味がわかりましたが)パニクったこともあります。

 

ある程度慣れてきますと人にもよりますが、自身がキッチンの主人公になったような気分でバイトが出来るかもしれません。

 

バイトを始めようかと迷っている人へのアドバイスとしてはお客様の目の前でテキパキと動くことが好きな方は続けられると思います。

店長次第で店の雰囲気が変わる点に注意

大手うどん屋チェーンの場合、面接から始まって研修が始まるのですが、オープンキッチンのため未経験からバイトに入ると、お客様は社員かバイトか区別がつかないから厨房の奥にいても忙しくなると声をかけられるはめになるのでその点心得ていないと結構大変な目に合うかもしれません。

 

店舗が多いのでバイト先にもよるかと思いますが店長次第で店の雰囲気がとても違うと思いますから面接の際、その辺も考慮に入れて受けて見るのも後で後悔しなくてもすむかもしれません。

 

社員の方も若くてプロ(年配者)は少なく始めは皆ほとんど素人から出発しているようですから、ある意味では働きやすい店舗かもしれません。お客様に対して威勢よく声掛けができればそれだけでも一歩前進だと思います。

ここで続けられればどこでも通用します

飲食業の中でも特にきつく、ここで続けられれば他へ行っても通用すると思われます。仕事量が多く、朝の開店準備のために早く出勤するのは当たり前です。タイムカードを通す前にやることが多いです。

 

面接へ行き即採用という感じだったので人手不足かなと思ったのですがまさにその通りで、二日目のバイトで製麺を任されました。新人は洗い物から始めるのですがほとんど新人として扱ってもらえす、仕事をどんどん押し付けられました。きちんとした指導はなく、なんとか先輩の真似をして覚えたという感じでした。

 

新人が育ちにくい職場で、後輩がなかなかできません。お客様からも厨房が見えるようになっているので、常に緊張感があります。

うどん屋バイトできついのは三つ

私がうどん屋でアルバイトをしている時、きついと感じたことはいくつかあります。

 

・夏場はとにかく暑い!

 

とにかく厨房が暑い。動かずに立っているだけでもかなりの汗をかきます。もともと肌が弱かった私はほんの数日で汗疹だらけになってしまいました。体はもちろん顔もです。自分では気づきませんでしたが、家族からは「バイトから帰って来るとすごく汗臭いよ」と言われました。

 

・声を出しすぎて喉が枯れる!

 

アルバイトを始めてすぐはレジ打ちを任されました。とにかく周りが賑やかなので小さな声では雑音にかき消されてしまいます。
だからお客様に聞こえやすいよう一生懸命声を出すのですが、勤務が終わるとすっかり喉が枯れてしまいとにかく痛くて仕方ありませんでした。カラオケなどで声を出し慣れていなかったり声が小さい女性には厳しいかもしれません。

 

・メニューを覚えるのが大変!

 

レジ打ちをするにあたってメニューを覚えるよう言われたのですが、これを覚えるのがまた大変。家にメニューを持ち帰り頑張って頭に叩き込みました。全体的にどれも見た目が似ているのでわずかな違いを見つけ出すのに必死でした。見分けられるようになっても咄嗟に名前が出てこなかったりします。ですが頻繁に丸亀製麺で食事をしているならさほど苦にならないと思います。

とにかく暑い

うどんをゆでる作業がとにかく暑いです。夏場なんかは、もう意識がもうろうとしてきます。

 

私が働いていたところは、厨房が丸見えで、調理している姿が、お客さんから常に見られている状態です。店舗の壁にも大きな窓ガラスがあるので、店の外を歩く通行人からも丸見えです。ずっと視線にさらされるというのは、なかなか疲れるものです。

 

忙しいときは、忙しいで、体がつらいし、暇なときは暇な時で、なんとなく手持ち無沙汰だけど、お客さんがいる前でそんなに暇そうにしているわけにもいかないし。

 

女性のパート従業員さんが多いので、子どもさんがいる方だと、土日に休むことも多いです。土日祝日は、お客さんが多い上に、パートの方が休むことが多いので、バイトはとくに忙しいです。

 

うどん屋バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

きついバイトをせずにお金を稼ぎたい。

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわからないので、少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。