ホームセンターバイトのきついところ

ホームセンターバイトのきついところ

ホームセンターのきついところは、なにより商品の多さとそれを陳列するためにフロアが広いところです。覚えるまでに相当な時間が必要なのと、梱包と配送の準備は間違えてはならないというプレッシャーと早く捌かないといけないというので苦労しました。

 

特に月曜、火曜は土日の後なので梱包する数が多いので大変です。梱包は綺麗にしなければならないことと、商品をまとめる組み合わせを考えるのが慣れるまで大変だと思います。それ以外にもお客様にわかりやすいように商品の説明や搬入・陳列作業もかなり肉体を使います。

 

レジも土日になるとお客様が押し寄せるので大変でした。しかしどの作業も慣れれば苦ではないので慣れるまでの辛抱だと思います。

 

私は現在ホームセンターで働いていますが、キツイと思っていることは、力仕事をしないといけないことです。

 

ペット部門で働いていますが、犬、猫用のサークル、8キロなどの大容量サイズのドックフードなど、本当に重いです。8キロぐらいのドックフードは40個ぐらい平気で納品されてくるので、それをその日のうちに出さないといけないのでスピードも考えながら、出すのでかなりキツイです。

 

私は、ホームセンターで働きはじめてから5キロ痩せました。そのままずっと5キロマイナスをキープしているのでかなり体を動かしているんだなと、実感しています。

 

サークルも組み立てる前のものが段ボールに入っているような状態ですが、すっごく重たいです。

 

夏の時期は暑くて、冬の時期はとにかく寒いです。それは、とてもつらかったです。夏は冷房は効いているものの、常に品出しや接客などで動いていなければいけない状態で、汗がたれてきます。

 

冬は暖房は効いていて、ジャンパーも着用しているものの、北風が強いときなどは本当に寒くて、手があか切れしてしまうほどです。手足はキンキンに冷えてしまいます。手が冷たすぎて、動きにくくなってしまい、簡単に開くダンボールも、手こずったりしてしまうほどです。

 

また、風邪を引いていても、接客業ということで、よほどのことがない限り、マスクをしてはいけなかったので、それもつらかったです。ホームセンターで働くこと、つらいことばかりではありませんが、ある程度の覚悟がないと、少し大変かなと思います。

 

ホームセンターでのアルバイトは場所にもよりますがあまり大きなところはお勧めはできません。あと基本的には体力勝負にもなります。

 

まずバイトで入ったばかりだと膨大な品物の名前を必死に覚える作業だけでなくそれがどこにあるかも一緒に覚えなければなりません!それを覚えるのに私は一ヶ月かかりました。ちなみに一ヶ月は早い方だと言われました。

 

あと覚えている最中でもお客様は研修のアルバイトだろうがひっきりなしに話しかけてきて物の場所やどう使った方がよいのかなどを聞いてきます。そこで分かりませんとイライラしてお客様にあたる研修スタッフさんも見たことがあるので大変だと思いました。

 

ここでのバイトをと考えている方にアドバイスはとにかく走り回るので痩せますよ!ダイエットもしつつお金を稼ぐと思えば良いかもしれませんね!

 

数年前にホームセンターでレジのアルバイトをやっていました!

 

ホームセンター=なんでも屋さんです。食品や日用品はもちろん、工具に大きな木材、肥料やお花。いろんな商品がそろいます。そのホームセンター内すべての品が、同じレジでの精算でした…。

 

レジを通すだけなら未だしも、それを全部袋詰めしなければならなかったから更に大変!まとめ買いするお客さんも多くいて、土日なんかはもうてんやわんやです。

 

それから、バーコードのシールが取れているときなんかも大変でした。レジは長蛇の列なのに、その商品のあったところまで走って行かなければならなかったり…。その商品の場所がわからず(広いので…)、店内で迷走するはめになったときにはもう泣きそうでした。涙

 

未だにレジ業務はちょっとした恐怖です(笑)。初バイトだったということもあり、今まで経験した中で一番きついバイトの思い出です!

 

私がバイトしたホームセンターは地方の大型店舗だったのですが、とにかく取り扱う商品が多い!洗剤やプチプラメイク用品から、植物の苗に棚に…木材やらウォッシュレットトイレまであるような大型店舗でした。

 

きついのは商品をある程度は覚えなければいけない事。当たり前のように覚えていると思われています。そしてお客様は場所を探さないのか探す気がないのか、すぐに聞いてこられます。その度にお待ち下さいでは、とーーーーーっても不機嫌な顔をされてしまいます。

 

たいがいの方は今すぐ必要な物を買いに来る場所だからだとは思いますが、お急ぎの方が多く、イライラされてしまいます。「もー、わかんないんだったら、他の人呼んで!」と考えただけで言われたこともあります。

 

そして、棚卸しや商品の補充がまたしんどくて多くて重くて大変です。組み立て家具などをレジまで運んでなんて毎日ありますし、体力勝負の時間です。

 

元気な力と体力に自信がある人におすすめのバイトです

 

ホームセンターでバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

きついバイトをせずにお金を稼ぎたい。

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわからないので、少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。