居酒屋バイトのきついところ

居酒屋バイトのきついところ

  • 酔っ払いに絡まれる
  • 大量の注文を覚えなければならない
  • 帰宅が深夜から早朝になる
  • 混雑時の忙しさ
  • 長時間動き回らなければならない

居酒屋バイトの評判

酔っ払いに絡まれることがあります

居酒屋のバイトで、きついところはまずお客様がお酒を飲んでいると言うことです。

 

普通の飲食店とは違って、時々酔っ払いに絡まれることもあります。ビールの中ジョッキを両手にいっぱい持ったりとか、料理を運んで行くにしても、少しでも時間が遅かったりするとお客さんに絡まれることもあります。

 

たくさんの人で集まって飲んでいるときには特に料理をいっぺんに注文されたり飲み物を注文されたりするので覚えるのがとても大変です。

 

頼まれた人が行く時はまだ覚えている可能性はありますが、他の人が持って行く時はわからなくて戸惑います。ホールだけじゃなく厨房の中も大変です。厨房のなかは、油ものが多いので気持ち悪くなります。

 

深夜まで働かないといけないし、酔っ払いの対応がきつい

大学生の頃、自宅近くの居酒屋でバイトをしていました。バイトで居酒屋を選んだのは、時給がいいことと賄いが付いていたことです。

 

居酒屋のバイトできついのは2つあります。

 

1つは帰宅が深夜、場合によっては朝方になることです。忙しい週末や、いつまでも帰らない常連さんなどがいると片づけが大変で帰らずに居酒屋の小上がりで朝まで寝たこともあります。

 

2つ目は、酔ったお客さんの相手をしなければならないことです。調理担当だとそうでもないですが、自分はオーダー担当だったので、寄って絡む人や飲み過ぎで嘔吐している人などの世話をさせられました。これが嫌で辞めていくバイトのいるくらいきついです。

 

特に体力仕事は無いので、遅くまで働けれ、酔っ払いの相手をすることに抵抗がなければ、時給がいいので居酒屋のバイトは悪くないと思います。

 

自分が働いていたところは賄いがあったので、貧乏な大学生活を贈っていた時はとても助かりました。

 

仕事内容に対して時給が安すぎる

居酒屋のアルバイトのきついところは、まず仕事内容に対してバイト代金が低いところです。

 

ホールの担当をしていたのですが、まずはお客さんの罵声に耐えなくてはいけないことです。命令口調な指図してくるお客さん、しまいには怒り出すお客さん。酔っ払っている人を相手にニコニコし続けなくちゃいけないのは、金額に対して割りが合わないと感じてました。

 

罵声を開けてくるのはお客だけでなく、店長も忙しくてイライラしてくると意味もなく怒り出したりします。

 

もちろん週末などの忙しい時はすごく忙しく、家に帰ったらヘロヘロになってしまいます。そこまでして居酒屋にアルバイトし続ける意味があるのかと思ったこともなんどもあります。居酒屋のバイトってそんなものだと思います。

 

居酒屋バイトはゲロを吐かれたトイレの掃除がつらい

まず、絶対酔っ払いに絡まれます。

 

必ず聞かれることは年齢と彼氏がいるかどうかです。答えたら答えたで話が続き、答えなかったら答えなかったで怒鳴られたりします。居酒屋なのでお酒を飲んでいるお客様がほとんどなので話を交わすことができるのであれば問題無いと思います。

 

従業員でもキレる人もいたので話を流すことができれば大丈夫です。後は、絶対あるあるですが、吐くお客様です。これは本当につらいです。

 

何でこんなになるまで飲むんだ〜!!とイライラします!!テーブルに吐くならまだいいですがトイレで吐かれるのが一番つらいです。中にはこもって出てこないお客様も居ます。眠っていたり様々です。

 

あんまり根に持たない性格の人に向いてると思います。とりあえず笑顔!!

 

居酒屋バイトは酔っ払い客との会話に気を使います

小さな地方の某居酒屋チェーンで働いていました。きつかった点は混雑時はとにかく忙しいです。

 

勤務していた職場はみんな必ず15分以上前に出勤していたので、バイト代が出ないのに出勤するのもちょっと面倒でした。あとお客さんは酔っていることが多いので、とにかくからまれます。「かわいいね」「何歳なの?」とかはまだいいのですが、常連さんなどいる場合「いつデートしてくれるの?」「いつ番号を教えてくれるの?」など。

 

かまわないとお客さんの機嫌を損ねますし、構いすぎると、スタッフからのクレームにつながってしまうところが、一番めんどくさかったです。バイトを始めようと思っている方はまかないをチェックしておkといいですよ!うちはおいしかったのでそれは楽しみでした!

 

忙しくてなかなか帰れないこともあります

居酒屋のバイトは体力のいる仕事です。

 

何時間も立ちっぱなしで動き回らないといけないところが結構きついです。特に忙しい週末なんかだと、団体のお客さんの注文を取ったり料理や飲み物を運んだり目が回るほどの忙しさです。また、酔っ払い相手なことも多い為、絡まれたり怒鳴られたりと精神的にもきつい部分もあります。

 

そして居酒屋は店舗によっても違いますが、忙しさによって帰る時間が決まることも多いです。3時間働くこともあれば、8時間働くこともあります。なのでプライベートの予定が決められない・・・ということもあります。

 

居酒屋のバイトはいろいろと得るものが多いですが大変なことも多いです。よく考えてから決断するのが良いと思います。

居酒屋バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

きついバイトをせずに年間700万を稼ぐ学生の秘密

きついバイトをせずにお金を稼ぎたい。

もしあなたがそんなことを思っているのなら、これから紹介する無料動画セミナーを見るといいでしょう。脱サラ1年目に1億円企業を作り上げた加藤将太さんが、ゼロからビジネスを立ち上げる道筋を説明しています。

こう書くと胡散臭いと思うでしょう。しかし、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

加藤将太さんの教えを受けた人の中には、学生でありながら年間700万稼ぐ人まで出てきました。そこまでうまくいかなくても年間200〜300万もあれば色々できると思いませんか?

トップレベルで活躍したい人にも有益です。加藤将太さんは「留学なしでTOEIC900越え」「京都大学MBAと工学部の大学院に1ヶ月未満の勉強で合格」「塾講師として最難関クラスを担当」といった実績の持ち主。特典音声でその秘訣を公開しています。

いつまで公開しているかわからないので、少しでも興味があれば今のうちにチェックしておいてはいかがでしょうか?

無料動画セミナーを視聴する


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。