スーパーバイトのきついところ

スーパーバイトのきついところ

接客、冷凍庫での作業、足の疲れ

 

品出し中に商品の場所を尋ねられることは頻繁にある。しかし、基本は野菜、日配、精肉、レジといった具合に所属の部門がわかれている。よって所属部門でない商品の場所を尋ねられた時は困る。放送をかけるか、もしくは把握している場所なら案内する。そして持ち場に戻り品出しを再開するが、作業が遅いと評価されては堪ったものじゃない。

 

品出し、裏方ということでバイトを始めたが最初の頃は場所が分からず客に怒鳴られたこともありきつかった。冷凍食品等を扱う部門は、広い冷凍庫内で制服姿のまま整理などするため寒いのが苦手な人には辛いだろう。基本的には数時間立ちっぱなしなので、足が弱い人はかなりきつい。

 

アドバイスとしては、面接を受ける時に、所属部門の作業内容をできるだけ詳しく聞いておくこと。ズボンはストレッチ素材などの締め付けない物のほうが動きやすい。(しゃがんだり立ったり頻繁なので)バイト用のシューズを準備しておくこと。できればウォーキング用などのサポート系が足が疲れにくくおすすめ。

 

スーパーで働く上で厳しいと思った事は、寒いことです。お惣菜のような火を使う場所以外は基本的に寒いです。

 

冷蔵、冷凍保存が多いですし、冬場も入荷した商品管理は外と同じような環境で作業することになります。十分温かい格好で作業するといいと思います。

 

また、限られた時間内で重い荷物を運ぶことも体力を使います。女性、男性に関係なく、大きな商品を運びますので、腰を痛める方が多いです。腰を痛めるた方は、コルセットを巻いたり、痛め止めを飲んで作業をしています。

 

私も、慣れない時期は筋力もないので腰を痛めました。それからは、腰を痛めないように腰を低くして荷物を持ち上げたり、周りの方と協力しあいながら働きました。

 

スーパーは、見えないところで体力を使う仕事です。仲間とコミュニケーションを多くとりながら働くことができれば、後は毎日同じ作業になるので長く働ける場所だと思います。

 

スーパーのバイトできついのはとにかく色々な人に対応をする部分です。私は過去の経験でバイト中で苦情を言われたことがあって非常に辛かったです。また丁寧に対応しても客の態度によっては批判を受けることもあります。そういう部分が辛いのスーパーのバイトでは精神力も必要だと思っています。

 

スーパーのバイトは長時間仕事をするためには体力も重要になります。私は以前に体力がなくて連続で仕事をしたら具合が悪くなりました。それは偶然だと思ったのですが過剰に動いていたのでそれが問題でした。こういったバイトでは自分の体力の管理も必要なので注意した方が良いです。

 

スーパーでバイトをするならどういう地域に店があるのかを把握するべきです。自分はスーパーが身近な場所だったので直に仕事ができたので効率的でした。

 

スーパーに入って試食販売のアルバイトを2年ほどやっていました。

 

販売する品物によって立ち位置が変わるのですが、(例えば、果物ですと、青果売り場ですとか、店頭など)私は主に果物でしたので、あまりきつい事はありませんでした。

 

きつかったのは、乳製品で入る時や、冷凍食品(主にドライピラフ)で入る時です。

 

まず、冷凍食品の冷気の前に一日中いるので、夏でも震えるほど寒いです。

 

また、なかなか食べてもらえないと、ピラフなどは何度も炒めなおしたりして、パサパサになってしまい、試食をしてもらえる時には、まったく美味しくなくなる事が多いからです。

 

他、乳製品で、ヨーグルトなども、意外と試食してもらえないもので、寒い中立ち続け、その割に売れず、担当さんから売れない事に対して嫌味を言われるのは、散々でした。

 

逆に果物の試食は天国でした。立ち位置もいい事ながら、試食の果物を味見として自分でももらえたりして、時間が経っても悪くなるものでもなく、売れ行きもいいからです。

 

これから試食販売でアルバイトをする人へのアドバイスとしては、担当さんと仲良くなる事です。それだけで居心地が変わります。

 

私は大型のスーパーでアルバイトをしていました。

 

まず、商品の説明をお客さんに求められることです。こちらは商品を陳列してとか商品の内容に関してはほとんど知らされていない状態で働いています。なので商品の詳細を聞かれてもわかりませんとしか答えられません。社員を呼んでと言われても社員も全て理解しているわけではないのでこういった質問をされるとクレームに繋がったりしてかなりキツイです。

 

また、商品の補充などだとかなり重い荷物を運ばされたりして体力的にキツイ場合があります。基本的に人手が足りないので誰かと共同で作業をすることがほとんどありません。

 

私がやったのは接客やレジ、商品の補充などですが友人と一緒にやることをお勧めします。

 

スーパーのアルバイトできついところといえば、20年前にレジの仕事をしていましたが、誤差が出たりお釣りを間違えたりすると本当に落ち込みました。

 

朝の朝礼でみんなの前で反省と対策を言わなければならず、リーダーや店長にも後で報告しなければなりませんでした。

 

仕事が終わったその日には結果がわからず、次の日の朝にわかるので、朝の出勤時はとても結果が気になり、記録ノートを見る瞬間は本当にドキドキしました。

 

ゼロという数字を見ると本当に安堵感が漂いました。反対にプラスであれ、マイナスであれ、数字が書かれていると奈落の底に突き落とされた心境でした。そして500円以上ならば始末書を書いて、店長に提出しなければなりませんでした。その始末書は後々記録として残るので評価も下がります。

 

それだけでなく、世間の人が休んでいる土日祝日、年末の出勤は絶対条件でした。それなので、友達と休みが合わなかったり、主婦の人ならば家族サービスができないなどといろいろと不都合が生じることがあります。

 

とにかくこのような時にひんぱんに休むと人間関係もこじれます。あと、立ち仕事なので体力的にもきつい面もあり、足や腰が痛くなったりします。

 

スーパーでバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ