キャンペーンガールバイトのきついところ

キャンペーンガールバイトのきついところ

18歳の頃にキャンペンガールをやっていました。

 

給料は割と良いと思いますが、休憩が短かったのと一日立ちっぱなしだったので体力がないときついです。脚がパンパンにむくんで帰る頃には体がへとへとでした。

 

一番きつかったのは、お客さんからのクレームなどです。嫌な事を言われたり大きな態度を取ってくる人も居ましたが、ニコニコしていないと上の人に言われたりします。お客さんにどんなに嫌な事を言われても、話を流せる人は良いと思います!

 

でもどの仕事もきつい事はあると思うのでこれからやってみようかなと思ってる人には、笑顔で頑張ってください!ただ体力的にも精神的にも来るのであまりおすすめは出来ません。

 

私が嫌な事を言われた時はお客さんを神様だと心がけてました!実際心の中では嫌だなと思う事もありますが、表面上だけでも♪一生出来るお仕事ではないし、一時期的にだと思うので気楽に頑張るのが良いと思います!

 

キャンペーンガールのお仕事は時給が高い所が魅力的です。しかし、時給が高いということは体がきついこともあります。

 

まず、キャンペーンガールは大きい声を常に出さなければいけません。

 

声に自信のない方や人前で大声で叫ぶことが苦手な方は向いていないですね。内気な方や恥ずかしがり屋で目立つことが苦手な方もあまり向いていないと思います。向いている方の要素は、学生時代に応援団をしていたような方が向いています。大きな声で常に笑顔で接客出来る人が理想ですね。

 

長時間ずっと立ち仕事ですので、体力も必要です。足が痛くなることもあるので、普段からランニングをしていたり運動をされている方なら問題ないです。常に笑顔で話さなければならないので明るい性格の方が良いですね。

 

私が携わっていたキャンペーンガールは、家電量販店での携帯電話販売です。

 

このバイトは求められるマナーや振る舞いのレベルが高いので、悔しさをバネに出来る向上心を持っていないときついです。

 

私が働いていた家電量販店で粗相をすれば、嫌な思いをさせてしまった人が二度とご来店されなくなってしまう恐れがあります。そのため、販売知識があったとしても、挨拶、姿勢、知性、振る舞い、元気さ、対応の迅速さといった要素が関わっていき、体力的に消耗します。

 

特に最初の頃は精神疲れと、立ちっぱなしによる肉体的疲労で、翌日なかなか起きられなかったです。嫌な思いをした、させてしまった時は、しばらく悔しくてそのことばかり後悔してしまうレベルです。

 

なれない頃、説明がおぼつかなく、お客様を明らかにイライラさせてしまったことがありました。先輩からしてみれば、それは家電量販店のイメージ低下を招く行為であり、メーカーのブランドも損ねる行為であるから、非常に怒られました。私としては日当を額面どおり貰えればよかったのですが、確かに先輩のおっしゃるとおりだと理解しました。

 

それからはキャンギャルに意図的に近づきどう説明してくるかを研究しました。また、自分が説明員として働く際は、余計な説明をしないよう、カタログも必要最低限しか話さないようにし、自分の身もメーカーブランドも守るようにしました。

 

正直申し上げてきついです。色々と覚えるつもりがない方、面倒くさがりさんにはお勧めできません。しかし、日当は悪くなかったですし、学ぶことは多かったです。社会人前に良い就労体験となりましたので、それでもやってみたいという向上心を持てる方におすすめします。

 

キャンペーンガールといえば、聞こえはいいですが、何のキャンペーンなのか、どのような場所で行うキャンペーンなのか、仕事の内容は多岐にわたります。

 

パッと見、時給がいいように思えても、拘束時間が長かったり、さまざまな研修などを含めて時給換算すると、たいした時給にならない場合も多々あります。

 

また、1日立ち仕事だったり、夏の炎天下や、冬の寒い季節に屋外での仕事だったりと、予想以上に体力仕事の場合が多いです。見た目はかわいいコスチュームを着ていて、楽そうに見えますが、実際やってみると、時給に見合わないなと思う仕事の方が多かったりします。

 

キャンペーンガールという言葉に惑わされないで、仕事の内容と時給をよく吟味することが必要だと思います。

 

キャンペーンガールのバイトは立ちっぱなしなので、足と腰にきます。

 

それといろんな人と話すので笑顔でずっといなければならないことがつらいです。

 

キャンペーンのお仕事は私の場合、毎回異なる人たちとグループになってやるようになっていました。食事などもにおいが強いものはなるべく避けないと、お客様に対しても失礼だし、ほかのキャンペーンガールたちに文句を言われたりしました。気が強い女性が多いので人間関係にはかなりきをつかっていかなければならないです。

 

いろんなお客さんもいるし、かわいいコスチュームを着ることができてたのしかったです。お化粧もしっかり目にしないとならないため、外見には気を使う仕事です。女性同士の職場なので、最低限のマナーと気を使わないといけないところが大変です。

 

基本的にというか、ずっと立ち仕事でした。足はパンパンになるけど、基本的にスカートを着用していたので隠すこともできませんでした。自分の荷物を置いていい場所も遠かったので、のどが渇いてもすぐに飲める状況ではありませんでした。笑顔を絶やしてはいけないですし、暑くても、キツくても表情には出せませんでした。

 

たくさん人がいるときは、かなり忙しいですし、声も出しっぱなしなので、声がガラガラになることもありました。たまにセクハラ的なことを言ってくるお客さんもいるので、うまくかわさないといけません。その商品のことを詳しく聞いてくる方もいるので、その日に知らされた仕事でも、商品についての情報はすぐに頭に入れなければなりませんでした。

 

かなり体力仕事だと思うので、ただ笑顔でラクに楽しくできると思っていてはできないと思います。でも人前に出るのが好きだったり、笑顔が苦にならない方、姿勢が良い方は向いていると思います

 

キャンペーンガールをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ