ラジオ局バイトのきついところ

ラジオ局バイトのきついところ

ラジオ局のアルバイトの中にあるので意外に知られてないのが「野球中継のスコア付け」のアルバイトです。

 

球場に行って中継をしているアナウンサーと解説者の横でスコアブックを付ける仕事です。これで一番辛いのは試合がいつ終わるか分からない。とか突然大雨に打たれるとか不可抗力により上がりの時間が分からないことです。球場によっては放送席でなくスタンドに簡易の放送席を作る事になります。

 

私が経験したのは野外球場でナイターの途中で途中雷雨に打たれて服やカバンがびしょ濡れになって使い物にならなくなった事です。試合は夜9時頃まで続き球場を出たは良いけれど雷が落ちて電車は止まるしで結局普段なら30分ほどで帰れるのに2時間近くかかりました

 

ラジオバイトは、主に雑用となります。

 

資料を集めたり、文字を起こしたり、メールをチェックしたり、出演者のお弁当や飲み物を買いにいったり、何でも屋という感じになります。仕事が深夜にまで及ぶことも多々ありますし、時間できっちり帰れるというのは少ないでしょう。

 

出演者の機嫌を損ねないように気をつけないといけないですし、放送に支障をきたすような失敗は絶対に許されません。失敗の内容によってはすぐにクビになる可能性もあります。

 

外にアンケートを取りに行ったり、音源を探しに行ったり、仕事によっては1日中走り回ることもあります。決して室内でゆったり笑える仕事ではないのです。

 

ラジオが好きでラジオに関わる仕事なら何でもやりたいという気持ちがないと厳しいと思います。

 

まずラジオ局のバイトできついのは「健康管理」です。ラジオの仕事は声が命なので、風邪にはものすごく注意を払わなくてはいけません。

 

夜の飲み会は控えなければならないし、カラオケなども思い切り楽しむことがなかなかできません。一度風邪をひどくこじらせて、咳がとまらなくなってしまった時期がありました。咳を抑えるのに呼吸が苦しくなって、呼吸困難になりかけてしまったこともあります。

 

代理の人をつけることも難しいので、健康管理は人一倍大変です。人にものを伝えることが好きな人には、とてもおすすめのアルバイトですが、パーソナリティーはなかなか空きがないのに、倍率はすごく高くなるので、応募する前に準備や対策をしっかりしておくのがおすすめです。

 

自分特有の個性というものを、しっかりアピールできるよう、自分に磨きをかけておいてください。

 

ラジオ局で、深夜にアルバイトをしていました。ラジオ局は深夜でも時給が安く、800円というところが多いです。

 

はがきなどの仕分けが主な仕事でした。資料を持って階段を何往復もするので、体力が必要です。

 

最近では、番組中にいじられることもあるのでプライベートをばらされることもあります。知人が聞かれて困る時も多少あります。番組がおもしろくなると思いしていることだとは思いますが、プライベートと仕事との区別をはっきりとさせておくと良いでしょう。

 

逆に、芸能人に会えた時はこの仕事を選んで良かったと思います。目立たない仕事ですが、正しい情報を伝えるために努力を怠ってはいけません。将来、放送などの仕事をしたい人におすすめです。

 

本番直前にライブラリーから「XXのCD、大至急持って来て!」と言われて探しに行って、無かったり、CDそのものはあるけど中の歌詞カードやクレジットが無かったりすると、何故か怒られるのは私。

 

「何でねーんだよ!」って言われても、私が管理している訳でもないし!直前に言われるから、他の手だても出来ないし!理不尽な事で怒られて、ストレス爆発して、辞めちゃいました。

 

あと、ゲストが来て「ライブ遊びに来て下さいね」と招待状を貰っても、先輩が招待状奪い取ったり、「あなたにはまだ早いから」といって、暗に行くなとプレッシャーを与えられたりして。ま、頂いても夕方から夜にかけての生の番組だったので、行けなかったですけどね。

 

でもなんか人権を無視されているみたいで、とても嫌いなバイト先でした。

 

放送用の街頭アンケートに出かけたときのことです。

 

お店から出てきた人を狙って声をかけては、アンケートのお願いをするのですが、忙しいと断られたり、話は聞いてくれても恥ずかしいからと断られたりと、1時間で20人ほど声をかけましたが一人も回答してもらえなかったことがありました。

 

立ちっぱなしのため精神的にも体力的にも達成感がなくつらかったです。最終的には教育機関などで知人にお願いするなどして数を稼ぎましたが、なかなか厳しい世界だなと感じました。

 

時間に融通が利く分、夜中など関係ないところもあるので、本当に好きな人でないと続かない傾向があります。体力的にもかなり疲労があったりもするので、バイトを始めたい方は体力づくりなどしておくことをおすすめします。

 

ラジオ局バイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

「肉を食べたら内定が取れました」

変わった就活サイトがあったので紹介します。

名前はニクリーチ。これは就活中の学生に企業の人が焼肉をおごって話し合う場を提供するサービスです。

面接ではお互い対策していますが、肉を食べながら腹を割って話せば自然な姿が見えるもの。ユニークですが理にかなっていますよね。職場の雰囲気や仕事のきついところなど、面接で質問しにくいところを聞くにはいい機会と言えるでしょう。

すでに様々なメディアで紹介されており、5万人以上の学生が登録済み。参加企業は楽天や価格コム、DeNAなどネット系が多数参加しています。

内定が取れなかったとしても、人事の人と少人数でしっかり話せるのはいい経験です。面接する側の感覚をつかめれば効果的なアピールもしやすいし、自分では気づけない長所を発掘してもらえるかもしれません。社会人慣れできるだけでも大きなプラスです。思わぬ出会いも期待できるでしょう。

就活を有利に進めるためにも、早い段階で人事の人と会っておくことをおすすめします。

ニクリーチ