メイドカフェバイトのきついところ

メイドカフェバイトのきついところ

メイドカフェのバイトできついところは幾つかありますが、一番はお客さんに応じた接客です。

 

オタクっぽいお客さんが多く、内心は気が進まないサービスも場合によってはしなければなりません(性的サービスやプライベートの公開はお店のルールで禁止のところが多いですが)。また、メイド店員に入れ込んでストーカー化するお客さんもみえました。

 

店員同士の人間関係も意外に厄介です。女性が多い職場はどこも同じかもしれませんが、派閥ができやすいです。

 

それに自らメイド店員になりたい女の子は、オタクっぽい子やメンタルに問題を抱えた子も多い。あまりコミュニケーションが得意ではない店員が集まってしまうと、チームワークがうまく働きません。そこに一人トラブルメーカー的な人が入ってしまうと、収集がつかなくなります…。

 

きついのは、お店が暇なときに外でビラを配らないといけないのですが、冬は寒いし夏は暑いし結構きついです。

 

ビラなんて受け取ってくれる人も少ないから、全部撒き終わるのに何時間もかかることがあったりします。1度日射病になってしまったことがあります。

 

それと、お客さんで指名してくれたりするのは嬉しいのですが嫌いなタイプの人と暇なときはずっと話していないといけないのでこれは苦痛です。嫌すぎて服の下は鳥肌立ちっぱなしのことがよくあります。

 

でもかわいいメイド服もきれるし、お店の女の子同志仲良くてよく遊びに行ったりするし、体力も要らないし、普通の喫茶店やカフェのアルバイトなんかよりお給料がいいので気に入っています。

 

もともとオタクな気質でしたので、コスプレに興味があったのと可愛いメイド服が着れる!という理由でバイトを始めました。

 

メイドカフェのアルバイトをする前にファミレスのホールで働いた経験がありましたので、配膳や注文などには自信があったのですが、そこはファミレスではなくメイドカフェ、客層が全然違いました。

 

以前働いていたところは学校の近くだったため学生が多く、これといったクレームはなかったのですが、勤め始めたメイドカフェは主に20代から30代くらいの男性がメインでした。学生と違ってものをはっきり言う方が多いと言いますか、はっきり言うと口の悪いクレーマーな方が多かったです。クレームの内容も「スカートの丈が長すぎるだろ」などの接客とは関係のない、キャバクラか何かと勘違いしてるんじゃないかという発言が度々ありました。

 

あまりの客層の悪さに結局半年も持たなかったのですが、たまたま私の勤めたメイドカフェがそのような感じなだけだったのかも知れません。もしメイドカフェでのアルバイトを希望されるなら、まずはお店の雰囲気など一通り下調べしてから応募することをお薦めします。

 

秋葉原のとあるメイドカフェで1年ほどバイトをしていました。

 

雰囲気もいいお店で従業員・お客さんもみんな優しく、楽しくやらせてもらっていたのですが、一番きつかったのは、あるお客さんに気に入られすぎてしまったことでストーカーまがいの被害に遭ってしまったことです。

 

とにかく仕事が終わったあとの出待ちが出勤するたびに続き、家を調べたいのか、こっそりついてくるのでした。わざと遠回りして人ごみの中を通って、まいて帰ったり、近くに住んでいる親族の家に帰ってみたりと大変でした。でもあるとき、自宅を出てバスに乗るとき、同じバスにそのお客さんが乗っていたときには凍りつきました。

 

結局店長に事情を話し、やんわりとお客さんにも断ってもらったのですが、ストーカーまがいの被害の恐怖と、あと、そのお客さん自身はとてもいい人で、結局出禁させてしまったことの罪悪感のようなものもありました。あんまりお客さんと仲良くなりすぎてしまうと、本当にこういうことあるんだ…と実感しました。

 

メイドカフェで一年ほどバイトをしていました。実際にバイトをしていてきついなと感じたのは人間関係です。

 

メイドカフェはもちろん女性社会なので、派閥やいわゆる「女の戦い」のようなものがありました。接客中はみんなにこにこしていますが、バックルームに入った瞬間ピリピリとした空気が漂うこともしばしばありましたし、陰口もよく耳にしていました。同期であっても先輩であっても結構容赦なく言う人がいます。心当たりのない噂を言われて悩んでいると相談されたこともありました。

 

私はバイトとプライベートは切り離していたので特定の誰かとつるんだり、悪口を言ったり、言われても便乗したりしなかったので被害にあった記憶はありません。いじめとまではいかないのですが、気にしてしまうタイプの人は少し辛いかもしれません。

 

この仕事柄仕方ないことだと思いますが、客層が偏っているのがきつい所です。

 

今でこそクールジャパン戦略とかで外国人が訪れたり、メイドカフェが注目され始め女性客も多くなりましたが、やはり圧倒的に多いのは男性客です。しかもオタク風の人だったり、おじさんだったりです。そうゆう人の相手をしなくてはいけないので、普通に流行っていることなどを話題にしても話が通じません。秋葉原カルチャーを知っていないとお客さんとコミュニケーションをとれないので、やっぱりそこがきつい所です。

 

また、メードカフェは萌え萌え行ったりして楽なイメージですが、意外と動きの多い仕事なので何時間も働いた日は足腰が本当に痛くてクタクタです。メイドカフェのアルバイトはきついことも多いですが、普通に人生を送っているだけでは味わえない体験ができます。そういった意味ではお勧めのアルバイトと言えます。

 

メイドカフェバイトをする覚悟ができた場合のみタップしてください

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】IQ148の経営者が1万円配布中。請求はお早めに

頭のおかしいキャンペーンが開始されました。

加藤将太さんという経営者が自身の無料動画セミナーをきちんと見た人に1万円を進呈するというものです。

「無料セミナーはまだわかるけど1万円くれるの?うさんくさい!」って思いますよね。

ですが、加藤将太さんの経歴を知れば考えが変わるかもしれません。

  • 京都大学及び大学院MBA卒業
  • IQ148以上しか入れないMENSA会員
  • 希学園で講師をしていた時は、史上最短で灘や開成を目指す最難関クラスを担当することに
  • NTTデータに就職したにもかかわらず、「人生を費やす価値がない」と半年で退職
  • 脱サラ後、年商1億円以上の事業を複数立ち上げる
  • 年商3億円を120億円に育て上場させた、ドクターシーラボの元社長池本克之さんから「起業の本質を理解している」との賛辞をもらう

なぜ1万円配ってまでセミナー視聴者を増やそうとしているのか?

加藤将太さんは現在、起業スクールを運営しているので、目的はその宣伝で間違いないでしょう。「広告費に1万円かけるよりも、視聴者に1万円配った方がSNSなどで拡散されやすい。セミナーのクオリティはすごいのだから見てもらいさえすればファンになってもらえる」という判断と思われます。

視聴できるのは「起業セミナー」「仮想通貨投資セミナー」「恋愛セミナー」です。

1万円目当ての視聴者すらファンに変えるセミナーがどれほどなのか?IQ148以上の頭脳が導き出す「ゼロからお金持ちになる方法」「もてる方法」がどんなものなのか?

少しでも興味があるなら早めの視聴をおすすめします。

なんせ無料で1万円も配るわけです。下手したら3億ぐらい吹っ飛びかねません。加藤氏の起業スクールだって受け入れには限界があるはずです。いつまでやっているかわからないので今すぐチェックしておきましょう。

無料動画セミナーを視聴して1万円もらう


追記

ちなみにこのキャンペーンでは起業センス診断を受けられます。これは本来5400円するので、面倒くさがらずに受けてみるといいでしょう。

Webサイト運営と広告運用でご飯を食べている管理人もこの診断を受けてみました。



平均が41で50以上が起業可能な数値とのこと。高い数値をたたき出し、正直とてもいい気分です。

複数事業を展開している経営者も56だったと言っていたので、そこそこ信頼できると思います。

起業するつもりがなくても、診断を受けてみれば意外と隠れた才能があるかもしれませんよ。